富岡八幡宮の女性宮司が実の弟に殺害され、加害者である弟も自殺するという、せい惨な事件が発生しました。その裏には後継問題があったと言われています。筆者はファイナンシャルプランナー(FP)として、さまざまな相談を受けていますが、ここまでの事態にはならなくても、兄弟や姉妹間のトラブルで「死んでほしい」「殺したい」というような、過激な言葉を聞くことも少なくありません。

「もめる相続」の3つの共通点

 血を分けた兄弟や姉妹は、いったん憎み合うとその近親憎悪はすさまじく、根本的に解決することは困難です。やはり、相続絡みでもめることが一番多いのですが、ほかにも親の介護や、兄弟や姉妹のうちの誰かの金銭問題、生活態度などさまざまです。今回の事件にしても、ある種の「相続」を巡った悲劇とも言えます。

 筆者が思うに、もめる相続には以下のような3つの共通点があります。

(1)兄弟・姉妹間、親子間で日ごろからコミュニケーションが取れていない
(2)親が財産分与に関する「交通整理」をしていない
(3)関係者の中に「常識を欠いた」人物がいる

 この3つのどれか、もしくは複数に該当する場合、もめる可能性が高くなります。

 今回の事件を見ると(1)に関しては過去の脅迫でも「積年の恨み」と言っているくらいですから、関係は破綻していたのでしょう。(2)の交通整理については、一連の報道によると、先代宮司であるお父様が加害者である弟に対し、過去に裁判所に対し相続排除の申し立てをしていたそうです。おそらくは早い段階で「このままでは禍根を残す」と、そのような決断をしたものと思われますが、相続排除は相続人としての立場を奪うことを意味し、わが子に対する最も厳しい処置と言えます。

 また、どこまで真実かは分かりませんが、退職金代わりの一時金やその後の生活費の仕送りなどもあったとされ、将来のトラブルを防ぐために、これ以上の「交通整理」はないような気がします。(3)に関しては「常識に欠ける」どころか、その人格や思考は異常です。筆者の経験上、身内にこのような人物がいる場合、親族間で問題が発生するのは火を見るより明らかです。

遺産分割事件を財産額で見ると…

 なお、現在では事件そのものよりも、著名神社の宮司が金銭面や税金面でいかに恵まれているか、という部分が注目され、「お金持ち一族内のトラブル」という面ばかり強調されています。このようなことは「大金持ちの話」と思われがちですが実際は全く違います。以下のデータは、平成26年に家庭裁判所へ持ち込まれた「遺産分割事件」12557件を、「財産額」で分類したものです。

【財産額】

1000万円以下   31.9%
5000万円以下   43.0%
1億円以下     12.6%
5億円以下     6.5%
5億円超      0.5%
算定不能     5.5%

「1000万円以下」が全体の31.9%、「5000万円以下」が43.0%と、この2つで全体の実に3/4を占めています。1000万円は決して小さなお金ではありませんが、肉親が骨肉の争いをするほどの金額ではないような気がします。しかし、これが現実なのです。実際、金額の多寡というよりは、親の介護や日ごろのうっ憤、性格の不一致などの「感情面」から、話し合いではどうにも決着がつかなくなるほどに話がこじれてしまうのです。

 全てではないにせよ、大部分は冒頭のように「殺したい」ほど相手を憎んでいて、司法の場で解決するしかありません。どの親も、わが子を平等に愛し、長じてからも兄弟姉妹で仲良く助け合ってほしいと願うものですが、ふとしたきっかけで芽生える対立は、血のつながりがあるがゆえに双方に“遠慮”がなく、最悪の場合、今回のような惨劇を引き起こしてしまいます。

 悲しいことですが、このような「種」は資産の額に関係なく、至るところにまかれているのです。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)

相続の問題は時として惨劇に…?