第74回ベネチア映画祭で、オリゾンティ部門脚本賞とヒューマンライツ賞をダブル受賞した、ワン・ビン監督の「苦い銭」の予告編が公開された。

【動画】「苦い銭」予告編

出稼ぎ労働者が住民の80%を占める中国の街・湖州。14億が生きる巨大国家の片隅で、1元の金に一喜一憂する労働者たちをカメラが捉える。ドキュメンタリーであるにもかかわらず、群像劇のような見応えを持ち、登場人物にいつのまにか親密さを感じさせるワン・ビンの真骨頂と言える作品だ。

このほど公開された予告編には、雲南省から湖州に出稼ぎにくる人々を乗せた列車の場面から始まり、街で働く少女、故郷を恋しがる男、そしてお金をめぐって喧嘩の絶えない共働きの夫婦らが次々登場する。締めくくりには、"働けど働けど"というコピーが映し出され、現在の日本、そして世界が直面する現実を考えさせる映像だ。

「苦い銭」は、2018年1月下旬からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

「苦い銭」の一場面