日本の美”を世界に発信していくことをコンセプトに、音楽ファッションテクノロジー融合した音楽フェスティバルFANTASIA」。11月18日千葉幕張メッセにて開催された「EPISODE 1 PRINCESS KAGUYA」では、「竹取物語」の世界観をテーマイベントが展開された。

【写真を見る】AviciiやDavid Guettaにも絶賛されている注目の若手DJ、banvox

日本最古の物語竹取物語」を現代アレンジしたショーに、EDM界で人気を誇るDJタッグを組んだ本イベントMay'nかぐや姫役を務める「竹取物語」のストーリーを挟むように、世界でも注を浴びる7組のDJがそれぞれこだわり抜いたプレーを披露した。

海外からは、BASEMENT JAXXBassjackersDADA LIFE、NERVO、Thomas Jackら5組のアーティストが集結し、日本からはbanvoxとALISA UENOの2組が出演。各アーティストユニークステージ演出とセットリストは、観客を虜に。観客もほれ込んだ、DJパフォーマンスの前半の模様をリポートする。

■ ALISA UENO

開場と同時に、みこしに乗ったALISA UENOが登場。平等院鳳凰堂をほうふつさせるようなステージの上で歌い始めるALISAの元へ、観客は急いで駆け寄る。

ALISAは「Real Life (feat. Naations)」を流し始めると、ヘッドホンを装着。「I only wanna love you, in real life」というフレーズを繰り返す歌詞からは、どこかかぐや姫するみかどを連想させる。

たちまち黄色に包まれたかと思いきや、今度は「Victim of Loving You (Broken Down Mix)」へ。失恋してもさずにはいられない男性の気持ちを歌い上げた、ソウルフルサウンドが会場を包み込む。

続いてALISAは「For A Day」をドロップ失恋の悲しみを断ち切ろうと、少しでも前向きに考えようとする歌詞に、ALISAヒートアップ。飛び上がり、顔を横に振るなど自由奔放なパフォーマンスを繰り広げた。

その後は「I Want You」と、立て続けにダンスチューンを投下。曲中の男女がお互いに「I want you and you want me, too」と問い掛けるこの楽曲。ALISA天井に向かって手を振り上げ、観客もALISAの期待に応えるかのように踊り始める。中には髪の毛を振り乱す人の姿も。

最初は圧倒されていた観客も、すっかり場の雰囲気に慣れた様子で思い思いに体を揺らし始めていた。その様子を見たALISAは「Where U Iz」を掛け始める。曲の間で手をたたくALISAに続き、観客も手拍子を。サビで飛び跳ねながらALISAに手を振る観客には、ALISA笑顔で振り返していた。

続く「Thief (Remixes)」では、フューチャーベースサウンドで観客の心をわしづかみに。ALISAが手を振り上げるタイミングに合わせ、一緒になって楽しそうに踊る人たちも多く見受けられた。

ALISAは最後に同イベントの出演アーティストの1組、NERVOとコラボした楽曲「Best Friend (feat. NERVO, The Knocks & Alisa Ueno)」でパフォーマンスを締めくくる。センス豊かな選曲に、観客からは拍手に加え、口笛と掛けが飛び交った。

banvox

Summer」でスタートを切ったbanvoxは、会場をダンスロアへと一変させる。途中で「Clap your hands up!」のを掛け、観客も曲に合わせて手を。つなぎとしてフューチャーベースの楽曲も流し、一時ストップするモーションも取り入れる。点滅するかのようなBGMに観客は大盛り上がり。

banvoxキャップを脱ぎ、しく曲に乗る他、天井に向かって両手で差しながら踊るヒップホップを取り入れたようなムーブも。その様子を見た観客は、さらにヒートアップ

会場が暗闇になったかと思うと、banvoxだけにライトが当たり、一気に注を集める。さらに、banvoxから反射するかのような、が差し込んでいるかのようなエフェクトを。ここで、ディープなサウンドを放つ「Down」をドロップした。banvoxは地面にたたくようにした手のムーブを取り入れ、マイクを用いて突然Put your hands up!」と叫びだす。

続く「XO Tour LLif3」では、映像とともに、ステージに飲み込まれたかのようなサウンドホールを包み込んだ。近未来的な映像に切り替わったかと思いきや、「Watch Me」を流し始める。ミラーボールにライトが当たる演出も取り入れ、場を沸かす。線が会場を刺す中、「Can you shine your light on me!」という呼び掛けには、banvoxだけに黄色ライトが照らされる。

観客も徐々に乗り出し、banvoxを仰ぐようなしぐさを。「Alone」では、最前列の観客がしく頭を振り乱す人がいるほどの盛り上がりを見せる。

次の「High And Grab」で、banvoxは観客に手をたたくよう示すると、観客も大胆に手をたたく。観客が一人一人思い思いに体を揺らす姿もあり、印的なを作り上げた。

そのまま、「Let Me Take You」へ。会場をさらに過熱させると、2度の「Summer」で幕を閉じた。

Bassjackers

世界3大音フェスティバルの出演も果たしているBassjackersは、スモークの演出も取り入れつつ観客を魅了。基本的にMarlon FlohrのみがDJとしてプレーしているBassjackersは、この日もMarlonのみが出演した。

Fireflies」では、Marlon Flohrが「Crap, crap, crap your hands!」と観客に曲中で拍手するよう示し、観客の熱気はさらにヒートアップする。途中「Let me see your energy, energy!」と叫び、続けて、「Japan, how are you feeling! Are you ready! Who's ready to join this f*ck up!」と観客の熱気を盛り立てていく。

Who's ready to jump! 1, 2,123!」の掛けには、観客も一斉に飛び跳ね、会場を揺らし、そのまま「Savior」へ。期待に応える観客に、Marlonはうれしそうに、「This is Bassjackers! Somebody scream!」「Everybody jump! Put your hands up high!」と畳み掛けてゆく。

そのまま「Booyah (feat. We Are Loud & Sonny Wilson)」へ。エネルギッシュなプレーでフロアロックしていくと、観客からは拍手が。「No Promises (feat. Demi Lovato)」では、「Here we go! Put your lights up!」と携帯の明かりで会場を照らすよう、示が。会場にいる人がゆっくりと手を振る一体感を生み出した。

やや曲が落ち着いてきたところで「All Abord (Dimitri Vegas & Like Mike Edit)」を。今度は手をヒップホップ調に上げるよう合図すると、「Here we go!」とそのまま「Raise Those Hands」へ持ち込む。

会場には拍手が巻き起こる中、今度は「Chakra (Extended Mix)」へ。Marlonは「Make some noise!」と叫ぶと、歓が沸き起こる。「One more time bring that beat!」の掛けで、「Bring that Beat」へと繋げる。

最後に「This is Bassjackers! This is my last track! Thank you so much, Tokyo!」の掛けで「Memories (feat. Sirah)」を流し、最後のサビを長めに繰り返すプレーを披露。観客は最後まで温かい拍手でBassjackersを送り届けた。(ザテレビジョン

トップバッターはRITA ORAやCharli XCXとも共演している、ALISA UENO