岡崎京子原作による実写映画「リバーズ・エッジ」の本ビジュアルも到着。また第68ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に、正式出品されることが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

ビジュアル背景に、二階堂ふみ演じる若ハルナと、吉沢亮務める山田一郎の姿が。2人の間には「短い永遠の中で、何を見つけるのだろう」というコピーも添えられた。なお第68ベルリン国際映画祭は、ドイツ現地時間2月15日から25日まで開催される。

「リバーズ・エッジ」は、90年代の都会に生きる高校生たちを描いた岡崎の代表作。映画2018年2月16日より東京TOHOシネマズ 新宿ほかにて開で、行定勲がメガホンを取る。題歌には小沢健二が「アルペジオ(きっと魔法トンネルの先)」を書き下ろした。

映画「リバーズ・エッジ」

2018年2月16日 TOHOシネマズ新宿ほか全ロードショー

スタッフ

原作岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社
監督:行定勲
脚本:瀬戸美咲
題歌:小沢健二アルペジオ(きっと魔法トンネルの先)」

キャスト

ハルナ二階堂ふみ
山田一郎:吉沢亮
観音崎:上杉
吉川こずえ:SUMIRE
小山ルミ土居志央
田島カンナ森川

(c)2018映画「リバーズ・エッジ製作委員会岡崎京子宝島社

映画「リバーズ・エッジ」本ビジュアル