道内路線バス活性化プロジェクト「バスタビ北海道」の第2弾がスタート。今回は道南バスの室蘭・登別温泉線、室蘭市内線などを使ったバス旅です。

登別と室蘭のグルメ情報も

北海道と北海道リレーション(札幌市中央区)が2017年12月13日(水)から、道内路線バス活性化プロジェクト「バスタビ北海道」の第2弾を開始。今回は道南バス(室蘭市)の協力を得ての実施です。

内容は室蘭・登別温泉線、室蘭市内線などを使ったバス旅で、北海道リレーションが運営するウェブサイト「北海道ファンマガジン」やSNSを通して情報発信されています。見どころは次のとおりです。

・晩秋から初冬にかけての登別温泉散策と室蘭の夜景。

・大湯沼川天然足湯、登別地獄谷、登別マリンパークニクス、道の駅みたらなどの観光スポット巡り。

・おもしろい名前のバス停(「ソーダー工場前」、「ラッパ森」)。

・登別と室蘭のグルメ、スイーツ探訪(登別閻魔やきそば、登別豚ザンギ、登別地ビール鬼伝説、室蘭やきとり、母恋めし、のぼりべつとろーりプリン、室蘭うずらんアイスなど)。

道南バスを使った、晩秋、初冬の登別・室蘭巡りの様子(画像:北海道リレーション)。