16日よる9時30分から放送の土曜プレミアム『ギリギリ昔話』(フジテレビ系列)のゲストに、女優・常盤貴子が登場。ファンにまつわる恐怖エピソードを赤裸々告白する。

【大きい画像を見る】(C)フジテレビ


 同番組は、過去に何かしらギリギリな出来事を経験した人に、貴重な昔話を聞いて人生の役に立ててしまおう!という人気特番の第2弾。過去がドラマチックすぎる女性たちの生活に密着したVTRから、一昔前の芸能人のファンたちの行動がすご過ぎたVTR、そしてテレビの今昔まで…教科書には載っていない、今聞けるリアルな昔話が次々と飛び出す。スタジオに登場したゲストらも自身が経験した話で盛り上がり、久しぶりにバラエティー番組に出演した常盤は意外なエピソードを語り出す。

 常盤が語ったのは、大阪駅でのエピソード。新幹線に乗ろうとした常盤に「サインをください」と話しかけてきた男性が、まさかの行動に出たというもの。常盤によれば、その男性は、女性マネージャーの髪をぐるんぐるん回すという凶行に出たと言います。そこで常盤がそのファンに発した衝撃の一言とは?

 また、不倫をしている女性たちのVTRが流れると、お約束のように話を振られたのが梅沢富美男。番組では、独自に梅沢の妻へ取材を敢行。梅沢が浮気をしているときの“サイン”がありすべてバレていると明かす。さらに、「昔のテレビは、こんなに過激なことを真面目にやっていた」「くだらないことに真剣にお金をかけていた」などのVTRを見て、スタジオは今のテレビについて熱く語り始める。『ギリギリ昔話』は16日よる9時30分からフジテレビ系列で放送。【ほかの画像を見る】(C)フジテレビ
(C)フジテレビ