[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2017年12月4日放送の「今日の☆印」のコーナーで、京都府笠置町の人気イベントについて紹介していました。


1万5000人が参加

京都府笠置町で12月3日に開催された、人気イベント「鍋-1(ナベワン)」グランプリ!全国から集まった34種類のご当地鍋を楽しもうと、人口1400人の町に1万5000人が訪れました。

今年で8回目となるイベントは、活気に満ちあふれ、奈良県御所市「絶品ローストビーフシチュー鍋」(600円)は、30分待ちの長い行列ができていました。

1位は茨城県の「あんこう鍋」

グランプリの決定方法は、お鍋を1つ買うと投票券1枚(1点)が配布され、おいしかったと思う鍋に投票します。

さらに、一般投票に加え、町長や料理研究家たちなど10人の審査員が鍋ごとに味や見た目、ご当地色などを採点し、その合計点で日本一の鍋を決定します。

今年の『鍋-1グランプリ』第1位は、茨城県北茨城市「あんこう鍋」(200円)でした。ほかにも、富山県滑川市「富山のカニ鍋」(500円)、兵庫県姫路市「ふぐの唐揚鍋」(600円)などたくさんの鍋があり、どれもおいしそうです。

今回、このイベントを初めて知ったので、来年は是非参加したいと思います。(ライター:Nana.)

画像はイメージ