バイクと違って、キックスクーターの場合、路駐するというわけにはいかない。必然的に外出時は常に持ち歩くことになる。

乗らない時はどうしても邪魔になってしまうのだが、このほど登場した電動キックスクーター「Zenergy」はなんとリュックにいれられるほどのサイズに折りたためるというもの。

しかも、Bluetoothスピーカーを搭載していて、スマホ音楽を聴きながらを滑走できる。

・オフィスに持ち込みも

足を載せるボード部分と、ハンドルバーを重ねるように畳めるのは当然として、Zenergyはそこからさらに半分の長さにできるのが売り。このデザイン特許を取得済みとのこと。

全に折り畳んだ状態では、長さ62センチ、幅26センチとかなりコンパクトになり、オフィスや店に容易に持ち込める。

・スマホを充電できる

また、Bluetoothスピーカーを搭載しているのもZenergyのセールスポイントスマホに入っている音楽を聴きながら走ると楽しさも倍増しそうだ。

加えて、USBポートもあるのでスマホを充電でき、出先でのピンチ時に活躍しそう。

・最高速度は時速25キロ

バッテリーは4.4Ahと7.2Ahの2種類が用意されていて、4.4Ahだと15~25キロメートル、7.2Ahでは3040キロメートルの走行が可とのこと。トップスピードは時速25キロメートル

Zenergy現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資調達を展開中。4.4Ahのバッテリー付きのパッケージが今なら572シンガポールドル(約4万8000円)〜となっている。出資は来年1月8日まで受け付ける。

Zenergy/Kickstarter

電動キックスクーター「Zenergy」はBluetoothスピーカー搭載