街はクリスマスモード一色。でも、それが終わってしまえばあっという間に年末年始。大晦日や元旦に向けての準備で慌ただしくなってきてしまいますよね。 その中でも、ちょっと気が重いな・・・と感じてしまうのが大掃除。やるなら今なのに、どこから手をつければいいのかわからない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は忙しくても「ここだけはやっておきたい」エリアを具体的にご紹介!達成感やスッキリ感が味わえること請け合いです♪ 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

忙しくてもやっておこう!大掃除で外したくないエリア


 

◎キッチン

kazoka/shutterstock.com

なかなか手を出しづらいエリアだからこそ、一気に「大掃除」という名目で片付けておきましょう。

冷蔵庫の中やシンクの戸棚、食器類の整理、電子レンジやオーブンの中・・・やろうと思えばキリが無い部分でもあります。

ただ、早々に掃除し終わってしまっても、クリスマスイベントで結局汚れてしまったという方もいるようです。

イベントが終わってから掃除すると、気分もスッキリして新年を迎えられますよ。

 

 

◎押し入れ・クローゼット

Kostikova Natalia/shutterstock.com

頻繁に開け閉めするものの、きっちり掃除する事は少ない場所の1つ。

衣替えや衣類を出した時に、ちょっとだけ見えたホコリに目をつぶってしまっていた方も多いはず。

ここもキレイにしておきたいですね。

 

できれば、押し入れの物を整理したり、クローゼットの衣類も着ている服と着ていない服に分別して処分する、ということもしておけば一気にキレイになります。

衣類を「入れ替える」のではなく、「分別して整理する」という部分を意識しながら、床や引き出しも掃除しておくのがオススメです。

 

 

◎車

Jitchanamont/shutterstock.com

実は一番「大掃除の実感がわく」エリアです。

掃除できる範囲が狭い分、目に見えて成果が実感でき、大掃除のモチベーションもアップ。

細かいところまで掃除でき、どんなに手を入れても一日かければ丸々キレイに仕上がります。

車の外側はこまめに洗っても、中まではなかなか掃除しない・・・という方も多いのがこのエリア。

大掃除の時に、車の中も徹底的に掃除しておきたいですね。

 

徹底的&時短掃除♪エリア別大掃除のポイント


 

【キッチン】冷蔵庫は徹底的に!食器をつけ置き洗いしながら拭き掃除

Africa Studio/stock.adobe.com

最も掃除をしない部分で、気になる部分といえば冷蔵庫。

中の食品や調味料を一旦全て取り出し、野菜ボックスや仕切り、卵入れ等を外しておきます。

食器と一緒に一旦つけ置き洗いしている間に、冷蔵庫の内外をキレイに拭き取っていくと、本来の色やツヤが戻ってきます。

 

ここでのポイントはコンセント部分。

滅多に取り外さないコンセントですが、ホコリがたまっていると発火して火事の元凶になることもあります。

コンセントも外し、感電に注意しながらホコリを取り除いておきましょう。

ついでに、食品や調味料の消費期限等もチェックし、切れているようなら廃棄しておくと、中身がグッと整理され、見やすくなります。

 

 

【押し入れ・クローゼット】中身を全部出して、まずはカビを要チェック!

didesign021/shutterstock.com

押し入れ・クローゼットも、まずは中身を全て出すところから始めていきます。

その後ホコリを拭き取り、キレイな状態にしてから、次にカビの具合をチェックしてみて下さい。

 

布団や衣類は、乾燥してからしまっているつもりでも、実は完全に湿気を取り除くことができず、また気候にも大きく左右されます。特に天井部分は普段見逃しやすい分、注意が必要です。

 

もし見つけたら、消毒用エタノールや漂白剤を使って除去しておきましょう。

その後、湿気取り対策を施して、必要な物、不要な物を分別してから元に戻していきます。

思った以上の達成感があるので、大掃除序盤にオススメのエリアです。

 

 

【車】掃除機とエアコンをフル活用!ホコリをしっかり取り除こう

gunsan gimbanjang/.shutterstock.com

シート等の布部分の他にも、掃除機を使える部分は多くあります。

各種メーターが表示されている樹脂部分にも意外にホコリやゴミが溜まっていますので、掃除機でキレイに吸い取っておきましょう。シートの隙間は細いノズルを使うと便利です。

 

さらに併用すると便利なのが、カーエアコン。

外気導入モードにしてファンを回すと、車内が換気されて残っていたホコリが外に排出されます。

ただし、エアコンフィルターの交換と、バッテリーには注意して下さいね。

 

短期大掃除は「達成感」が大切♪いつもは掃除しない場所を集中的に!


Andrey_Popov/shutterstock.com

ゆっくり時間をかけてやりたいものの、年間年始も仕事やイベントで忙しく、なかなか時間が取れないのが現状ですよね。

大掃除をできるだけ短期間に、効率的に行うためには、ある程度の「割り切り」も必要となってきます。

 

もう一つ、重視しておきたいのが「達成感」。

今年はここを全力で掃除した!という場所があると、達成感がわいてきて、また時間に余裕があるときにもう一カ所やっておこうかな、という気持ちになれます。

その気持ちが、大掃除を短期ながらしっかりキレイにするモチベーションとなっていくはず。

自分の予定に無理のない程度に、今年の汚れや気になる部分をしっかりキレイにして、気持ちの良い新年を迎える準備をしておけるといいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

一年に一度の大掃除。

忙しい毎日を送りながらも、ポイントを押さえてしっかりキレイにしておきたいですね。

是非参考にしていただき、短期型大掃除の参考にしてみて下さいね。

 

関連記事

・いい香りに包まれてホリデーシーズンを迎えよう♡冬にぴったりのボディショップアイテム特集

・【2018年版】新年は新しい手帳で迎えよう♪目的別に考えるワタシにぴったりの手帳♡

・意外と見落としがちな洗濯機は汚れている!?清潔を保つために小まめな掃除がおすすめ♪

今年の汚れは今年中に落としたい!忙しくても大掃除でやっておきたいエリアは?