12月16日(土)2時27分からカンテレで放送されるトークバラエティー「おかべろ」に、歌舞伎俳優尾上松也が、一番子で“ママ”と呼ばれている尾上と共に登場する。

【写真を見る】端正な顔立ちで子役の頃から注目を集めたが、不遇の時代も

端正な顔立ちで、幼い頃から子役として注を集め、現在歌舞伎以外にもミュージカルテレビドラマなど多方面で活躍する也。

「違う現場に行くのは、刺になる」と、自らの意思で他分野に飛び込んできた。そのきっかけは、代々続く歌舞伎一家の一員ではない自らの生い立ちを考え、「歌舞伎世界役をはるためには、別の分野でも認めてもらい、歌舞伎の中で地位を確立したかった」とる。

そんな也だが、高校時代は「自分のやっていることが報われるのかどうか」と、将来を案じていた時期もあったと告白。同じ高校で1つ年上の中村七之助や松本潤らが々しく活躍する姿を見て、「仲が良くて同世代だからこそ、ジェラシーを感じていた」という。同級生で当時同じ遇にあった俳優生田斗真とともに「モヤモヤしたものを抱えていた」と明かす。

そんな不遇の時代を乗り越えた今も、七之助、松本生田らとは仲が良く、よく食事に行くとのこと。岡村隆史は「そういう時は、お金払うの?」と、人気俳優たちのお財布事情に興味々。

また、歌舞伎ドラマにと多忙を極める也に岡村は「忙しくなってくると、電球とかどんどん消えていきません?」と、“の通説”を提唱。そして、也が意外過ぎるこだわりを発表すると、岡村は「一緒!」と同意。二人の意外な共通点が判明する。

さらに、柔らかい口調で自身を「16歳」と言い切る一番子の徳の強キャラに、岡村田村亮もタジタジ。也が席を外した隙に、徳から「ゆったりとしている子なの。だからGPSを入れたくなるのよ~!」と、衝撃的な告白が飛び出す。戻ってきた也に事情を聞くと、「心配性でせっかち!」と反論し始め、徳爆笑エピソードを明かす。(ザテレビジョン

ドラマやミュージカルでも活躍する売れっ子歌舞伎役者・尾上松也が「おかべろ」に登場