朗読劇を侮るなかれ
朝ドラあまちゃん』(13年)のヒロイン役で大ブレイクし、アニメーション映画この世界の片隅に』(16年)では、声優として、絵に瑞々しい命を吹き込み、大ヒットの立役者となった、のんが、初舞台に挑んだ。

舞台といっても、朗読劇という特殊なジャンルである。
2時間(途中休憩込)、椅子に座ったまま、ノンストップで戯曲(手紙)を読み続けるという、ふつうの舞台よりも緊感を強いる、なかなか難しい演といえるだろう。しかも、出演者はたったふたり。

朗読劇『ラヴレターズ』は、パルコ劇場(現在装中)で、1990年から26年間もの長期に渡り、上演され続けた名作で、のべ460組のカップル読み続けてきた。出演者は、役所広司×大竹しのぶ市村正親×熊谷真実竹中直人×ジュン野田秀樹×毬友子、柄本時生×前田敦子など枚挙にいとまがないな組み合わせばかりだ。

今回は、のんと『この世界の片隅に』で夫婦役を演じた細谷佳正が共演。今オープンしたばかりの映画館で行われる趣向に『この世界の片隅にカップルはよく似合う。

ふたりが演じるのは、小学生から50代までの長い長い時間、手紙のやりとりをし続ける幼馴染
開場のときに配られたペラ一枚のリーフレットにのんが、“細谷さんとは「この世界の片隅に」で夫婦役でしたが、一緒に演じることが出来なかったので、今回直接面と向かってご一緒出来ることに奮しています!”とコメントしていて、『この世界の片隅にファンとしては期待が膨らむばかり。

開演前、舞台上には、色違い椅子がふたつ並んでいる。
劇場スタッフによる、携帯の電を切ってくださいとか、本番中、劇場から出ることはできないなどというアナウンスが流れ、トイレに行きたくなったら、突如咳き込んだらいったいどうしたらいいんだろうという緊感に苛まれていると、上手(客席から見て右)の客席の出入り口から、のんがすっと歩いて舞台に上がっていった。ワンピースも靴も靴下も鮮やかな
それから少し遅れて、下手(左)から細谷が歩いてくる。彼は上下の衣靴下だったことは、座って足を組んだときにわかった。

ふたりは椅子に座り、台本を開く。
第一は、細谷。それを受けて、のんが手紙を読む。以後、ふたりは、順番に、相手に当てた手紙を読んでいく。

幼馴染の長い長い交流
アンディーことアンドリューメイクピース・ラッド三世(細谷)と、メリッサガードナー(のん)はアメリカの裕福な庭の子供という遇は同じだが、性格は正反対。アンディーは、口下手で、思いを手紙で伝えることを好むが、メリッサは、電話。物事をじっくり考えるアンディーに対して、メリッサは感覚で動き、自由気ままだ。そんなふうに、まったくタイプの違うふたりだが、メリッサは、アンディーの希望を聞いて、手紙のやりとりを続ける。

ときには喧もしながら、手紙に様々な思いをぶつけ合うことで、ふたりはよりもお互いのことをよく知った間柄となり、思期を迎えると、異性として意識し合う。ところがなぜか、すれ違ってしまい、ふたりは別々のを歩んでいく。

以下、ネタバレありますので、ご注意ください。


手紙のやりとりが途絶えることはないものの、ふたりの生きる世界はどんどんかけ離れていく。アメリカからヨーロッパに移るメリッサ軍の仕事日本に行くアンディーと、物理的な距離も遠くなっていく。
になったメリッサは、仕事結婚生活もままならず、次第に精的に疲弊していく。一方、アンディーは、政治家となって、もがうらやむような庭を築く。

すっかり暮らしぶりが変わってしまったふたりではあったが、あるとき、久しぶりに再会し、ようやく結ばれる。だが、アンディーは確立した地位を失うことをおそれて、メリッサを手放してしまう。
その後、メリッサの精の疲弊は進行していき、ふたりの手紙のやりとりに終わりがやってくる・・・。

基本は、細谷とのんが今後に、手紙を読むが、喧した状況になると、一方的に同じ人物が何回か手紙読み、相手は沈黙することもある。
でも、ラストまで、やりとりは止まることはない。
アンディーは、穏やかに知性的で、メリッサはあっけらかんと感覚的。ものすごく短い文面のこともあるし、滔々と思いをるときもある。
座ったまま戯曲を読んでいるだけにもかかわらず、不思議と、男と女の長い人生の変遷が、実に鮮やかに豊かに浮かんでくるように見えるし、ふたりの感情も手に取るように伝わってくる。

のんの足の向きに注した
のんと細谷は、横に並んで、線は、台本に一心に注がれ、交錯することはない。
両手でもっていた手を片手にすることや、足の向きや、組み方が時々変わるだけだ。

じつは、細かい演出ノートが存在し、足の組み方などにも演出が入っているそうだ。
基本は「自由に」、でも、あざとくなく、作為的にならないように。ふたりの俳優は、そこに気をつけて、手紙を読む。
足の向きで、相手への好意がわかると聞くが、のんのきれいにえた足先はたいてい、細谷のほうに向いていて、アンディーに容赦ないとはいえ、その足の向きに信頼が現れているように見えた。

なんといっても、クライマックス
どんどん追い詰められていったメリッサの行き着いた先。ずっと前を向いて台本を読んでいたのんが、はじめて大きく動く。そのときの、間合い、(照明の変化も含め)と、のんの表情に、不意をつかれる。
言葉にすると軽くなってしまいそうだが、“”としかいいようのないものが、そこにっていた。

のんの可
演出藤田太郎は、のんのことをこうった。

「のんさん。
的な言い方ですが、こころが透明な方でした。
ゆらめきで、喜怒哀楽しく表現できる方。
本の一番大事なところを読み取れる方だと思いました。
初めて舞台に立つということで、物理的なことですが、こういうを出したら良いですよと少しアドヴァイスしたら、すぐに対応してできるようになったことに驚きました。
勉強熱心でとても頭の良い方、
現場で作品に関係する人全てに対して礼儀正しくて、きっと人見知りだけれど自己がきちんとあるところが印的でした。
関わった人を虜にする魅を持っていると思いました。」

藤田2代目ラヴレターズ』の演出である。
この翻訳を手がけ、90年からずっと演出を行ってきた青井陽治が9月に亡くなったため、後を引き継ぐことになった。
東京卒業後、蜷幸雄の演出助手を経て、演出として独り立ちして間もなく、数々の演劇賞を受賞している期待の30代だ。
初舞台で、これほど気鋭の演出と出会ったのんはラッキーである。

“創作あーちすと”として、絵を描いたり、歌を歌ったり、活躍の幅を広げ、「いわて純情/銀河しずく」のドラマ仕立てのテレビCM出演などにも出ているのん。発売中の『文藝春秋2018年1月号の小松成美のルポルタージュ『女優・のん「あまちゃん」からの四年半』のなかに「演じることは自分の生き方だと思っています」という一節がある。小松も「私個人の望みを口にすれば、女優・のんを見たい、ということに尽きる」と書いている。
筆者も、のんの芝居をもっと見たいと思う。そう思っているファンは多いだろう。

その点、今回の朗読劇は、活動の場が限られるなか、仕事に活路を見出したのんが、次に、プラスして、ミニマムな体表現方法へと一歩踏み出した意欲作であり、じわじわと、彼女のステップアップ計画が進行しているのではないかと考えられる。

のんが、俳優として自由に演じることができるときが、少しずつ近づいている、そんな気がする。

なお、12月17日(日)15時から、もう一組の『ラヴレターズ』がEXシアター六本木にて上演される。
こちらは、尾上右近×松井玲奈 同じ手紙でも、きっとまた違うものになるだろう。
ラヴレターズ』一度ハマると、何度も、いろいろな組み合わせで見たくなる。

ラヴレターズ』
調布パルコ×イオンシネマ シアタス調布スペシャル
作者 A.R.ガーニー 
訳・演出青井陽治
演出 藤田太郎
出演:細谷佳正&のん 
2017年12月8日)  

(木俣

『ラヴ・レターズ』調布パルコ×イオンシネマ シアタス調布スペシャル出演:細谷佳正&のん   撮影:加藤幸広