VR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」の小型店舗となる「VR ZONE Portal」が、12月15日より群馬・前橋で、12月18日より北海道・札幌と宮城・名取にてオープンします。

「VR ZONE Portal」は、東京・歌舞伎町にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」の小型店舗として位置づけられています。

体験できるVRアクティビティは、展開先の地域に応じて2種類から4種類ほど設置されるとのことです。同施設は国内20店舗の展開が発表されています。Mogura VRでは「VR ZONE Portal namcoイオンモール神戸南店」の体験レポートを掲載しています。

今回新規オープンする「VR ZONE Portal」店舗情報は以下のとおりです。

群馬「namcoけやきウォーク前橋店」

群馬の「namcoけやきウォーク前橋店」にて設置される「VR ZONE Portal 」には、『ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)』、『ガンダムVR ダイバ強襲』、『マリオカート アーケードグランプリVR』の3コンテンツが導入されます。

・場所:群馬県前橋市文京町2-1-1 けやきウォーク 2F
・営業時間:10:00~22:00
・体験料:1,000円/1回

北海道「VR ZONE Portal namco札幌エスタ店」

北海道の「namco札幌エスタ店」にて設置される「VR ZONE Portal 」には、『ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)』、『ガンダムVR ダイバ強襲』、『マリオカート アーケードグランプリVR』の3コンテンツが導入されます。

・場所:北海道札幌市中央区北5条西2-1-1 札幌エスタ 9F
・営業時間:10:00~22:00 (「VR ZONE Portal」最終受付21:30)
・体験料:1,000円/1回

宮城「namcoイオンモール名取店」

宮城の「namcoイオンモール名取店」にて設置される「VR ZONE Portal 」には、『脱出病棟Ω(オメガ)』、『マリオカートアーケードグランプリVR』、『高所恐怖SHOW』の3コンテンツが導入されます。

・場所:宮城県名取市杜せきのした5-3-1 イオンモール名取 2F
・営業時間:9:00~21:00 (「VR ZONE Portal」最終受付20:30)
・体験料:1,000円/1回

今後も「VR ZONE Portal 」は全国各地にて順次オープンする予定です。また、今回オープンする「VR ZONE Portal」に導入されるVRコンテンツの詳細は下記の通りです。

『ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)』

https://www.youtube.com/watch?v=O0eq13EpGlU

『ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)』は、2~4人で同時に体験するVRホラーコンテンツです。振動する椅子に1人ずつ座り、車椅子に乗って廃病院から脱出するというもの。

最大のポイントは、恐怖の連鎖。各体験者を待ち構える恐怖は時間差で仕掛けられていることも多く、「何か出そう…いや出るでしょ…」と進んでいると耳元から他の体験者の絶叫が聴こえてきて、ビクッとなった瞬間に自分の目の前にも恐怖が迫って悲鳴を上げる、そんな展開の連続が待ち構えています。

『ガンダムVR ダイバ強襲』

https://www.youtube.com/watch?v=KZ4PqPp-u_k

『ガンダムVR ダイバ強襲』は、ガンダムの手にしがみつき、実物大のモビルスーツ同士の迫力ある戦いを間近で体験するものとなります。現実のお台場を舞台とし、実物大のモビルスーツ同士が戦う迫力をすぐ目の前で体験するという迫力を体感できます。

『マリオカート アーケードグランプリVR』

https://www.youtube.com/watch?v=LoC9v4zLQ6U

『マリオカート アーケードグランプリVR』は、任天堂の人気レースゲームのアーケード版『マリオカート アーケードグランプリ』をVRで体験できます。プレイヤーはカートに乗って4人同時にレースを体験します。

コースにはマリオカートならではの仕掛けがあり、巨大なパックンフラワーやドッスンをかわし、崖から大ジャンプします。並走するクッパやワリオが邪魔してくることも。

ミドリこうらは手で掴んで前や後ろに投げつけたり、ハンマーは振り回したり。ワイワイ楽しみながらスリリングでハンドルさばきも問われるリアルな対戦が楽しめます。

体験レポートはこちら
甲羅は手で掴んで投げるもの VR ZONEに登場予定の新作『マリカーVR』

『高所恐怖SHOW』

https://www.youtube.com/watch?v=GTAL_QkROc0

『高所恐怖SHOW』は、地上200mの高さで木の板の先端にいる子猫を救出します。実際に床に渡された木の板の上に乗り、手と足に装置をつけ、動きを認識された状態で体験します。

VRの中でエレベーターに乗り、地上200mで扉が開いた瞬間、風を感じます。そして、足を踏み出すと木の板があります。板がぐらつくため、感じる緊張感はかなりのものです。