台湾拠点の半導体メーカーMediaTekは、心拍や血圧抹消酸素飽和度などを測定できるスマホ用のバイオセンサー「Sensio MT6381」を発表した。

1つのセンサーモジュールで6つの項データを収集できるのは、スマホセンサーとしては世界初という。

来年にも供給が始まるとのことで、スマホを医療機器として健康管理に活用する時代が到来しそうだ。

・6 in 1

心拍測定などができるスマホフィットネストラッカーなどのデバイスはすでに展開されている。しかし、Sensio MT6381の場合、より幅広く健康データを収集する。

具体的には、心拍、血圧、心電図、心拍変動、抹消酸素飽和度、電式容積脈波の6項が測定できる。

・指先で触れるだけ

開発元によると、このモジュール発光ダイオードや、に反応するセンサー、電極を搭載。ユーザー先でモジュール部分を触れることで計測する。計測にかかる時間は60秒以下という。

Sensioが収集するデータ活用して、たとえば循環器系の病気リスク判断やストレスレベルチェックなど、より包括的な健康モニターソフトウェアの開発が期待できる。

このモジュールは来年から供給が始まる見込みで、スマホ音楽を聴いたりスケジュール管理をしたりするのが今や当たり前のように、健康管理も毎日手にするスマホで行う時代になるのかもしれない。

MediaTek

スマホが医療機器になる! 血圧や心拍を測定するモジュール「MediaTek」が画期的