離婚合意した松居一代が「まだセクシーだった」ころの傑作映画

作品目『肉体の門』

東映1988年
監督/五社英雄
出演/かたせ名取裕子、渡瀬恒彦よしみ、松居一代ほか

12月某日、わがに配達されるスポーツトップ記事にデカデカと《松居 離婚合意 船越》と報じられていた。松居一代と船越英一郎の一連の“泥沼離婚騒動”が年内決着したというのだが、こんな“も食わない”出来事が第一面かよ、というのが正直なところ。あの“鬼嫁”ぶりに閉口した世間の男性船越に同情することしきり。ボクも今の松居に何の興味もないが、若いころはまだセクシータレント及び女優として通用していたものだ。

最初は、かつて深夜大人向けバラエティー番組、もはや伝説の『11PM会の作家藤本義一のアシスタント1980年から5年間務め、ホステス感あふれるルックスで当時はボクも注していた。1984年には新恵美演のロマンポルノルージュ』に助演。1985年には鬼才若松孝二監督の、実際に起こった女性教師男子高校生の駆け落ち淫行事件に基づく『衝撃 パフォーマンス』に演し、ヌードも披露し、成人映画定にもなったが、映画は話題にならず、最近になって“お宝”化している。

そんな彼女が助演したこの『体の門』を今回はチョイスしたい。この田村泰次郎の原作は何度も映画化されており、一番有名なのは今年亡くなったカリスマ映画監督鈴木清順の1964年作だが、こちらも『花子の生涯』の五社英雄監督、『仁義なき戦いシリーズの脚本・笠原和夫のコンビなのだから堂々たるもの。

 

本物のナイフと火の付いた木材で格闘

終戦直後のバシン(新)で、かたせ演じるリーダー格が率いるパンパングループ関東一家亡を描いたもので、名取裕子が敵対すラク町(有楽町)一家のカシラを演じている。

松居は“血”という勇ましい名前の役だが、俳優序列は7~8番手程度の扱い。まだアラサー若さで、濃いめの美貌が印的だったのだが…あれから30年、今の姿なのだから、女は変わるねえ。

五社・笠原コンビだけに、原作をかなり解体し、清順作品とも視点を変えている。たちのアジトが焼けただれたビルで、瓦礫に引っ掛かっている不発弾を守護としている新設定が徴的で、明日をも知れぬ彼女たちの土性っに賛美を送りたい。

当時、ボクはこの年のベストテン2位に推したほど。かたせ名取裕子は本物のナイフと火の付いた木材で渡り合ったという。出演女優は皆傷だらけ、脱ぎも当たり前なのが五社監督の現場だった。今は、そんな監督いないよね、としみじみ思った。そこで松居をダシにして、この隠れた傑作をもっと若い人に見てほしい、と願うわけです。

映画評論家秋本次)