ブンデスリーガ17節が15日に行われ、ボルシアMGハンブルガーSV(HSV)が対戦。ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳先発メンバーに名を連ね、FW伊藤達哉はベンスタートだった。

 直近3試合勝ちなしと苦しむ両クラブの一戦。均衡を破ったのはホームのボルシアMGだった。9分、ペナルティエリアで縦パスを受けたトルガン・アザールが飛び出してきた相手GKの手前で右足シュートゴール左隅へ決め、先制に成功した。前半は1-0で終了した。

 後半立ち上がり、ハンブルガーSVは反撃に転じる。53分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ラストパスを受けたアンドレ・ハーンが左足シュート。ペナルティエリア左側から相手GKの股下を抜き、ゴールネットを揺らした。スコアは1-1となった。

 同点のまま、試合は終盤へ。突き放したのはホームのボルシアMGだった。74分にラファエルシュートゴール左隅へ決まって勝ち越しに成功すると、79分にもラファエルが追加点。T・アザールがペナルティエリアから折り返しゴール前から難なく押し込んだ。

 試合は1-3で終了。ハンブルガーSVは敵地で敗し、リーグ折り返しとなる一戦で勝ち点を獲得することができなかった。2連敗、4戦勝ちなしと苦しい状況で、ウインターブレイクを迎えることとなった。なお、酒井フル出場で伊藤に出場機会はなかった。

スコア
ルシアMG 3-1 ハンブルガーSV

【得点者】
1-0 9分 トルガン・アザール(ボルシアMG
1-1 53分 アンドレ・ハーン(ハンブルガーSV)
2-1 74分 ラファエル(ボルシアMG
3-1 79分 ラファエル(ボルシアMG

酒井高徳(左)はフル出場を果たしたが、ハンブルガーSVは3失点で敗れた [写真]=Bongarts/Getty Images