庭の必需品の1つであるエアコン。テレビ冷蔵庫などと違って、エアコン購入時は専門知識を持つ作業員に設置を依頼するのが一般的ではないだろうか。中国メディア今日頭条は15日、エアコンの設置という作業1つ見るだけでも、日本人中国人仕事ぶりに大きな差があることがわかると伝える記事を掲載した。

 記事は、日本には中国が学ぶべき点が数多く存在すると伝え、仕事に対する取り組み方もその1つだとし、日本人作業員のエアコン設置を撮影した様子を写真で紹介。日本でも中国でもごく当たり前に見られる「エアコンの設置」という仕事からでも、日本人中国人仕事に対する意識の違いが見て取れると論じた。

 続けて、日本人の場合、エアコンを設置するにあたっては「ただに取り付ければ良い」という考え方ではなく、配管の見た上の収まりの良さ、コンセント類といった配線の安全性なども考えたうえで取り付けていると紹介。それゆえ日本人が設置したエアコンは室内に見事に調和すると下。

 また、日本人作業員はエアコンを設置した後、や床のゴミを掃除し、設置作業で生じたゴミや汚れは綺麗に片付けてくれるが、中国人作業員はこうではないと摘。ゴミを片付けるどころか、部屋の美観を損なうほど配管が駄に長いこともあることなどを摘し、こうした細かい点に日本人中国人仕事に対する意識の違いが見て取れるのだと強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

敬服せざるを得ない・・・エアコン設置から見た日本人の仕事ぶり=中国