人間は死から逃れる事は出来ない。万人に等しく訪れる永遠の眠りを迎えた後は、人間として尊厳を持って見送られるのが幸せというものだろう。しかし、『尊厳を持って見送られる』とは一体何を指すのだろう?ネットでは長野県上田市にOPENした新たなスタイルの葬儀場「上田南愛昇殿」について様々な意見が飛び交っている。意見の的となっているのは、恐らく葬儀場として画期的な仕組みとなる『ドライブスルー方式の車上焼香システム』についてだ。ー 車上焼香システムとは

「車上焼香システム」は文字通り車を降りる事なく焼香が出来るシステムだ。弔問客は車中から葬儀場に設えられた小さな窓経由で焼香を上げる事ができる。焼香のほか、窓口に備え付けのタブレット端末に参列者名や住所を入力し香典を渡す事もできると日本経済新聞は報じている。
ー 内覧会が12月15日に開催され多くのメディアが報じた事でネットでも反響が



上田南愛昇殿は12月17日のOPENに先立ち、12月15日に内覧会(OPEN見学会)を行った。見学会チラシには「国内初!車上焼香システム(ドライブスルー方式)」の見出しがあり、抽選会や無料の屋台軽食コーナーが設置されるなど盛大なものとなったようだ。一方でネットでは『ドライブスルー葬儀場』なるワードが話題になり、上田南愛昇殿についての様々な意見が飛び交った。


上田南愛昇殿の運営会社は「高齢化や身体障害のある方でも葬儀に参列できるようにという配慮からのアイデア」「ドライブスルー化は(葬儀の)簡略化の為ではない」と同紙にコメントしている。確かにこのアイデアにより、これまで葬儀に参列できなかった方が葬儀に参列できるようになる事だろう。賛成派の意見は運営会社の意図を汲み、葬儀の新しい形を受け入れる人のコメントだ。

一方でこの斬新なアイデアを「葬儀のあり方としては受け入れられない」と捉える人もいた。そういった人達のコメントからは『ドライブスルー葬儀場は尊厳を持って見送られる葬儀の在り方とは違うように感じる』というニュアンスが伝わってくる。中には「このような葬儀なら参列しない方がいい」「ドライブスルーは方向性がおかしい」との厳しい意見も飛び出した。

ー 結局のところ、どうなのか




結局のところ、今の時点では賛否両論であるとしか言いようがないだろう。斬新なアイデアを伴うサービスはいつの時代もリリース直後に物議を醸すものだ。冷水にいきなり浸かる事を多くの人は躊躇う。ひょっとすると、上田南愛昇殿が打ち出した新たなサービスは冷たい水にいきなり浸かるようなものなのかもしれない。

上田南愛昇殿運営会社は日本経済新聞に対して「最初は不謹慎という声もあったが、時間の経過と共に高齢者や障害者の為になる事を考えてくれたとの声が圧倒的。時代に合わせて葬儀も変化してゆく必要がある」とコメントしている。この斬新なサービスが今後、高齢者を迎える日本の社会に、そしてマジョリティとマイノリティが平等に機会を得る事のできる社会で需要を伸ばしてゆくのかどうか、注目してゆきたい。


画像掲載元:株式会社 レクスト・アイ(上田南愛昇殿公式サイト)、いらすとや

(秒刊サンデー:槙島)

画像が見られない場合はこちら
許せる?許せない?日本初『ドライブスルー葬儀場』にネット民賛否両論