子育て中はストレスが溜まるせいか、細なことでイライラしたり機嫌が悪くなったりするため、夫婦喧嘩が多くなる庭は少なくありません。

「夫が私の話を聞いてくれない」意外な理由とは?“夫婦の会話レス“解消法

が増えても仕方がないと諦めている人は多いでしょうが、実はお互いのストレスが原因ではなく、あるものが原因で夫婦喧嘩が増えると言われています。

何が原因でイライラし、夫婦喧嘩を増やしてしまうのでしょうか。

ストレスは溜まりすぎてしまうと夫婦喧嘩も行き過ぎ、修復不可能夫婦関係へと発展しかねません。いけないとは分かっていても相手が眠れなくなるほどショックなひと言を言ってしまう可性も。

今回は、夫婦喧嘩が増える原因と、妻や夫に言われるとショックで眠れなくなるひと言についてランキング形式でお伝えします。

「冷え性不眠夫婦」は夫婦喧嘩が多い!

最近すごくイライラするし、夫婦仲も良くなく喧が絶えないと思っているママも多いのではないでしょうか。

子育て中はとにかく多忙で自分の時間も持てないことからイライラするのは仕方のないことですが、そのイライラの原因は子育てによるストレスが原因ではないのかもしれません。

20歳~59歳の既婚男女1,000人に行った「夫婦の冷えと不眠」の調結果によると、冷え症不眠夫婦は、ぽかぽか快眠夫婦べ、夫婦喧嘩をしている確率が約6倍にもなっていることが分かりました。

つまり「冷え症」は、イライラしやすいことから夫婦仲を悪くし、夫婦喧嘩を増やしてしまうようです。

もう少し詳しく内容を見てみると、「冷え性」を自覚する女性は約7割にものぼり、20代女性にいたっては約8割の人が冷え性を実感しています。

そして「冷え性」は不眠を招きやすく、冷え性の自覚がある人は、冷え性の自覚のない人にべ、不眠症の割合が約3倍になることが分かりました。

つまり「冷え性」は不眠の原因にもなっており、眠れないとイライラすることからそれが夫婦喧嘩を増やすことにもつながっているようです。

夫と妻で特徴的な違い! 相手に言われてショックな一言とは?

妻や夫に言われ、眠れないほどショックなひと言

冷え性不眠夫婦は、ぽかぽか快眠夫婦べ、夫婦喧嘩をしている確率が高いことが分かりましたが、夫婦喧嘩も行き過ぎると修復不可能夫婦関係に発展しかねません。

いくらイライラしてストレスが溜まっていても言っていいことと悪いことがあるはずです。

では、妻や夫にどんなことを言われたらショックで眠れなくなるのでしょうか。

夫が妻に言われてショックなこと

1位結婚しなきゃよかった

2位:一緒にいても楽しくないね

3位:洗濯物は一緒にしないでね

4位:そんなこともできないの?

5位:考え方が合わないね

妻が夫に言われショックなこと

1位結婚しなきゃよかった

2位:一緒にいても楽しくないね

3位:すごく老けちゃったね

4位:ご飯ももっとおいしく作れないの?

5位:そんなこともできないの?

1位夫婦共に「結婚しなきゃよかった」の言葉ですが、このような言葉は夫婦関係が冷めるどころか、即終了の可性がありますから十分な注意が必要ですね。

そして夫婦共に2位の「一緒にいても楽しくないね」や夫側4位、妻側5位の「そんなこともできないの?」のような、一緒に過ごす時間が楽しめないと否定をしたり、相手を見下すような発言をしたりすることは相手に大きなショックを与えるようです。

また、夫側3位の「洗濯物は一緒にしないでね」の言葉は、汚いもの扱いされているという事実が心のダメージとなるようですから注意が必要ですね。

最後に妻側3位の「すごく老けちゃったね」の言葉。この言葉は女性にとっては強で、いつも綺麗でいたい女性の願望とは反する現実的な言葉にショックも大きいようです。

このように、冷え性不眠夫婦はお互いにイライラしやすいことから夫婦仲を悪くし、夫婦喧嘩が増える傾向にあることが分かりました。

寒いは体も冷えやすく、それと同時に心も冷え、夫婦喧嘩も増える可性がありますから、そんな季節こそ夫婦で仲良く料理を食べながら体を温め、ぽかぽか快眠夫婦をめざしたいですね。

子育て夫婦が、冷え知らずのアツアツ夫婦となることを心よりお祈りいたしております。