スーパードラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。

粉洗剤と液体洗剤どう違うの?

867767268

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何気なく選んでしまいがちな、粉洗剤と液体洗剤は、どのような違いがあるのか紹介していきます。それぞれ特徴が異なっているのです。

粉の洗濯洗剤とは

粉洗剤の成分はアルカリ剤です。アルカリ剤とは泥汚れに強い成分で、粉洗剤を使うと頑固な泥汚れもスッキリ落とすことができます。衣類に付着しているに見えない汚れの多くは性ですから、その反対の性質を持つアルカリ性は、洗剤の中でも最も洗浄が高くなるのです。

粉洗剤と液体洗剤の違いとは

一方でアルカリ剤は少ししか入っておらず、界面活性剤が多くを占めているのが、液体洗剤です。界面活性剤は脂とを混ぜるのに適しており、皮脂汚れに強い洗剤となっています。洗浄の高さでいえば粉洗剤には劣るため、のように汗をかきにくい時期におすすめです。季節によって使い分けたり、家族によって使い分けたりするのもよいでしょう。

汚れが一番落ちるのはどの洗剤!?

636018976

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗剤の種類は大きくわけて3つあるため、それぞれの特徴を較してみましょう。用途に合わせて使い分けると、頑固な汚れに対応することができ、衣類に優しい洗剤を選ぶことができます。

大きく分けて3種類の洗剤

洗剤には、粉洗剤、液体洗剤、ジェル洗剤の3種類があります。粉洗剤はアルカリ剤が多く泥汚れに適していると説明しました。しかし粉洗剤は溶け残りの心配があって、液体洗剤を選ぶという方もいるでしょう。粉洗剤はお湯で一度溶かしてから使うのに向いており、お風呂の残り湯を使って溶かすと洗浄アップします。

液体洗剤やジェル洗剤では、界面活性剤が成分で、汚れが蓄積してしまうことがあります。汚れの少ないシーズンに使い分けて、ときどき汚れ落としのために漂剤も使いましょう。価格が安いのは粉洗剤ですが、汚れ具合によっても使い分ける必要があります。

用途や時期によって使い分ける

粉洗剤は溶け残りの心配があるため、残り湯を使っていないなら、温が高くなるに使ってみましょう。逆に温が低くてもよく、衣類の汚れが気にならないは、液体洗剤やジェルボールが向いているといえます。子供に泥汚れを付けてしまうには、泥汚れが落としやすい粉洗剤を積極的に使ってください。液体洗剤はドラム式との相性がよく、量が少ない場合は液体洗剤が向いています。

成分をきちんと理解しよう

アルカリ剤が多い粉洗剤では、男の子のユニフォームに使ってください。パパワイシャツのように皮脂汚れが気になる場合は、界面活性剤が多い液体洗剤を使いましょう。何を落とすのか考えて使い分けることで、余洗いしなくても汚れ落ちがよくなります。

粉洗剤の上手な使い方

粉洗剤は3540度のお湯を使って洗うのが一番です。アルカリ剤が多い粉せっけんでは、皮脂汚れには弱ため、人の体温と同じくらいの温を使うことで、皮脂が溶けやすくなります。アルカリ剤の粉せっけんでも、温をちょっと上げるだけで汚れ落ちがしやすくなるのです。

人気の高い粉・液体洗剤は!?

666384222

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯洗剤の使い方がわかったら、人気の粉洗剤や液体洗剤を較してみましょう。

人気の粉洗濯洗剤アリエール サイエンスプラス7

共働きで室内干ししなければならないなら、アリエールの漂剤入りサイエンスプラス7の粉洗剤を選びましょう。弱アルカリ剤の粉せっけんでは、皮脂汚れが落としにくく、汚れが衣類に残ったのが部屋干し臭です。漂剤入りを選ぶことで性の汚れが落としやすくなります。漂剤入り洗剤なら漂効果は弱いため、色柄ものに使用しても問題ありません。

アタック高浸透リセットパワー

粉洗剤でトップクラスの洗浄といえるのが、アタック高浸透リセットパワーです。液体洗剤とべて価格が安いのがメリットで、汚れ落ちに優れています。30度くらいの温で洗うと、さらに洗浄アップしておすすめです。

人気の液体洗濯洗剤アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス

液体洗剤では汚れ落ちが悪いと感じる方に最適なのが、アリエールイオンパワージェル サイエンスプラスです。剤入りとなっているため、色柄ものには使いにくいのですが、肌着やタオルなど物には便利な洗剤でしょう。

エマール

液体洗剤のなかで、クリーニング用衣類を洗うのに適しているのが、エマールです。おしゃれ着洗剤の先駆け的な存在となっています。ニット製品やシャツなども洗うことができ、中性のため色柄ものに使うと、色落ちを防ぐことができます。

まとめ

666383700

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

粉洗剤と液体洗剤は使い分けていなかったという方が多いのではないでしょうか。本来は汚れによって使い分けるべきで、衣類によって適した洗剤があったのです。価格だけで選ばず、ちゃんと汚れが落ちやすい洗剤を選んでみましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介