12月16日、幕張メッセで行われている“ジャンプフェスタ2018”にて「ドラゴンボール」劇場版20作目となる新作映画の製作が発表された。

1986年12月“東映まんがまつり”の1本として公開された『ドラゴンボール 神龍の伝説』から始まった「ドラゴンボール」劇場版シリーズは、1996年までに17作を数え、クウラ、ブロリー、ジャネンバなどの名キャラクターを生みだした。

2013年に17年ぶりの映画化となった『ドラゴンボールZ 神と神』(興行収入29億円)以降、2015年の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入37億円)へと続き、更に世界観を拡大し続けTVアニメ「ドラゴンボール超」が放送されるに至った。

それぞれの時代の中で「もっと強いキャラクターを」「面白い物語を」と追求し続けてきた劇場版シリーズが2018年、遂に記念すべき20作目を迎える。記念作にふさわしく、スケール・クオリティ共にシリーズ最高のものにするという決意の下、現在製作が続けられている。

注目すべきは、前作に引き続き原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。すでにこれまでにないイメージのイラストが完成しており、本作への力の入れようが窺える。

注目の本作のテーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人だが、本作では改めてサイヤ人とは何か、悟空たちの強さの原点を描いた作品となるそうだ。

無限の進化を続ける「ドラゴンボール」ワールドの、新たな挑戦が楽しみだ!(Movie Walker・文/編集部)

「ドラゴンボール」の歴史に新たな1ページが!