布団の中やトイレの個室など、一般的に落ち着くと言われている場所には狭い空間が多い。テントやハンモック、小さなこたつといったおこもりアイテムを部屋に置けば、家族やルームメイトがいる人は即席ソロスペースを、一人暮らしの人はよりハイレベルなぼっち空間を作れるはずだ。そんなソロスペースを充実させるアイテム4つを紹介!

【写真を見る】「3WAY自立式ポータブルハンモック」で快適な“ぼっち空間”を手に入れる!

■ 一度入ったら最後! 抜けだせなくなる包容力「Cacoon Single 迷彩」

ハタオリドリの巣からヒントを得たというイギリス生まれのテントだ。木や柱につるして使う。ヨットのマスト用の素材を使った頑丈な作りとなっている。(4万2800円)

■ いつでもどこでも憧れのハンモックライフ「3WAY自立式ポータブルハンモック」

スタンドを調整することで、チェアやハンガーラックにもなる。持ち運び用バッグ付きで組み立ても簡単なので、アウトドアでも活躍しそうだ。(1万9980円・実勢価格)

■ 光をシャットアウト! 究極のぼっち空間「ぼっちてんと」

机周りに張る室内用テント。遮光性の高い生地を使用しているので、ゲームや仕事、勉強などに没頭できる。横幅110cmと130cmの2 種類を展開。(1万530円)

■ もう誰にもぬくもりを取られない「1人用こたつセット“ぬくもり庵”」

テーブルは縦、横、高さ共に58cm。コロンとしたフォルムは収まりがよく、愛らしくもある。布団と椅子付きですぐに使えるのもよい。(1万8800円)

誰にもジャマされない・させない快適空間を追求しよう。(東京ウォーカー(全国版)・東京ウォーカー編集部)

抜け出せなくなる包容力!「Cacoon Singel 迷彩」(4万2800円)