NHK大河ドラマおんな城主 直虎』にて先週放送の第49話『本能寺が変』で、万千代菅田将暉)は直虎(柴咲コウ)に、信長市川海老蔵)に対する光秀石研)の謀反が成功した折には、家康阿部サダヲ)を三河へ逃がす手助けをしてほしいと願い出る。逃亡ルートとしてからの路を選択した直虎は、丸(柳楽優弥)らと久々に再会する。その頃、家康安土城信長の歓待を受けていた。しかし秀吉の援軍として光秀が出兵することを知り、光秀の策を知っていた家康らは突然の計画変更に驚く。信長の使者により、からに向かおうとした徳一行だが、直虎の機転で事に三河に帰還する。

【関連】『おんな城主 直虎』第50話フォトギャラリー

 今週放送の最終回・第50話『石を継ぐ者』では、本能寺の変信長は討ち取られ、直虎の手助けによって家康は三河へと戻る。光秀を追われたと聞いた直虎は、丸と別れ、から井に戻る。そして、直虎は保護していた光秀の遺児・自然(じねん/田中レイ)を逃がそうとするが、万千代はその身柄を徳に引き渡すよう要する。

 小さな命を守るために井に戻った直虎。かつてと虎を守り抜いた井は、武を持たず、どのようにして追っ手と対峙するのか。価を発揮する直虎に注だ。

 NHK大河ドラマおんな城主 直虎最終回『石を継ぐ者』はNHK BSプレミアムにて12月17日18時、総合テレビにて20時放送。

『おんな城主 直虎』第50話「石を継ぐ者」(C)NHK