"ザ・ロック"ことドウェイン・ジョンソンが次に務める役は大統領ではないようだが、大統領選に立補するつもりがないわけではない。


プロレスラーからアクションスターまでをもこなすジョンソンは、出への意欲を以前から明かしているものの、現時点では俳優業を離れる準備ができていない。忙しすぎてできないのだ。ジョンソンは『Variety』誌に対し、2021年までスケジュールが詰まっているため2020年選挙には出られないだろうと話している。それでも、将来的に大統領選に立補する可性は排除したくないようだ。

ジョンソン俳優業とプロデューサー業について、「もうすぐ2018年だが、2019年2020年企画や撮影のスケジュールがあるし、2021年にもかなり予定が入っているから、現実的に検討できるのは2024年かな」と話している。

2024年となると、WWE出演経験のあるドナルド・トランプ大統領との直接対決は実現しなさそうだ。しかし、自分はであるというジョンソンは、現導部に対して批判的な見解を『Variety』で示している。

「この厳しい時代、導者には静と展望、そして米国をまとめるを示してほしいとずっと思っているが、現在大統領仕事はそれに当てはまっていないと感じる」

ジョンソンの出意欲は、今日政治を見る中で高まってきた面もある。しかし、その世界に足を踏み入れる前に準備が必要であるということを彼は認識しており、政治は「(自分が)現在いる」世界ではないと「重々承知している」と述べている。だが、時間をかけて「を傾け、学んでいる」と明言した。

もしジョンソンが立補するなら、彼にはすでに支持者がいる。コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のファンジョンソントムハンクスが大統領と副大統領に仲良く出することを期待しているし、5月にはマイケル・ムーアも、民主党は「米国民にされている人物を立補させる」べきだと述べ、"ザ・ロック"の名前を挙げている。




■参照リンク
http://www.moviefone.com/

ドウェイン・ジョンソン、2024年の米大統領選出馬に意欲!