人気声優津田健次郎は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でファンの度肝を抜いたキャラクターカイロ・レン日本語吹き替え声優を担当した。現在開中の同シリーズの続編『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でももちろんカイロ・レン役だ。自身も『スター・ウォーズ』のいちファンであり、なかでもダース・ベイダーが好きだという津田に、演じるカイロ・レンというキャラクターの役作りについてや、“『スター・ウォーズ』に出演する”ことが明らかとなった当時の反について話を聞いた。

【関連】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』津田健次郎インタビューフォトギャラリー

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作。ルーク・スカイウォーカーレイライトセーバーを差し出す…というシーンで幕を閉じた前作の続きから描かれる。ルークとめぐりったレイが知ることになる驚くべき真実、なぜカイロ・レンダース・ベイダーを受け継ごうとするのか。タイトル最後のジェダイ”が意味するものとは…。全世界待望のシリーズの続編がついに始まる。
 
 「ダース・ベイダーが好きで、ダンボール仮面を作り、棒を持って遊んでいましたので…。その系譜であるライトセーバーを持つキャラクターを演じさせていただけると聞いたときは、とてもうれしかったです」と、満面の笑みで当時の心った津田
 
 カイロ・レンは、ハン・ソロレイア息子であるが“い”ライトセーバーではなく“い”ライトセーバーを持ち、前作で自身のハン・ソロを殺。ジェダイでありながらダークサイドへと堕ちたダース・ベイダーを崇拝し、ベイダーを継ごうともがく姿が前作で描かれた。津田いわく、まずは演じるうえで「カイロ・レンカイロ・レンたらしめているものは何か?」を考えたという役作り。ディレクターとも話し合い、考えた結果、キャラクターの核となるものは“葛”に決まる。「苦悩する姿や、悩める青年像を大事にしていこうと決まりました。そこからがスタートでした。悩める青年の心にとても気を使いましたし、とても繊細に(役柄を)作り上げていきました」。

 前作も、そして今作も“全世界同時開”である『スター・ウォーズシリーズ。本完成を待つため、アフレコ作業などは急ピッチで進められているのかと思われたが、「すごく時間を掛けて、丁寧に、贅沢な作り方をしています」と意外な答えが返ってきた。津田も、すごく丁寧に“日本語物語”を紡いでいくことに驚いたと明かした。
 
 小さい頃に『スター・ウォーズ』と出会い、「スター・ウォーズ時系列と共に成長している」と、日の流れを“スター・ウォーズ”が歩んできたストーリーと重ねる。「日本語吹き替え声優として関わらせていただけるようになり、めて『スター・ウォーズ』の世界観と対峙して…とても夢がありますよね」とまっすぐな眼差しを向け、「夢の一部を担わせていただけて、とても光栄です」と言葉を続けた。
 
 津田が、周囲の“大人たち”からの反がすごかったと笑うカイロ・レン役。物語を紡ぐ中心人物として描かれるであろう『最後のジェダイ』では、前作以上の注を集めるに違いない。(取材・文・写真:ほりかごさおり
 
 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は開中。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』カイロ・レン役、津田健次郎インタビュー クランクイン!