前回の恋から早くも○年。一時期は彼氏がほしいと思っていたけど、今はそんな気持ちさえも抱かない。

すっかり1人の生活に慣れてしまって、恋愛からかなり離れた場所で過ごしていませんか?

いつかは結婚したい気持ちがあるなら、いつまでも1人生活を楽しんでいてはいけません。そろそろ、当初の目標に向かって、準備を始めないと。

今回は、恋の仕方を忘れた女性のためのリハビリ5つ をご紹介します。

友人・先輩夫婦orカップルの家に遊びに行く

恋愛のスイッチをONにしたいと思っても、いきなり婚活を始めるのは無理があります。今まで自由に過ごしていた分、いきなり婚活を始めると、とても心苦しく感じるのです。まずは、遠ざかっていた恋愛に対する感覚を取り戻すことから始めます。

一番簡単な方法としては、友人・先輩夫婦、もしくはカップルのお家に訪問させてもらいましょう。ある程度仲の良い友人の家庭か、先輩夫婦などにお願いしてみるとよいですよ。

カップルの自然な空気感を実際に肌で感じ、きっと結婚への憧れを思い出せます。結婚とまではいかなくても、恋愛をしてみたいと思えるでしょう。独身だから、恋愛はしたくないからと意固地にならずに、友人夫婦・友人カップルとの交流も楽しんで♡

恋愛映画を見る・少女漫画を読む

友人・先輩夫婦・カップルから学ばせてもらったとはいえ、いきなり男性陣に声をかけてデートするというのはハードルが高すぎます。いきなりスピードを飛ばすと、気力・体力ともに落ちてきたときが危険!いつの間にか燃え尽き症候群にならないように、もうちょっとだけ準備に力を入れて。

もう少しだけ恋愛の感覚を思い出す必要がありそうです。そのためには恋愛映画、もしくは少女漫画のように、大人になって忘れてしまったときめきを思い出してくれる作品に触れましょう。友達同士で、良いと思った映画の情報をシェアするのも素敵です。

映画や漫画を見ているうちに心に響いたフレーズや場面があったら、すかさずメモ。何度か記録していくうちに、自分が今どんな悩みをもっているのか、把握できるようになりますよ。手っ取り早く、恋愛スイッチを取り戻す方法です。

新しく洋服を買ってみる

恋愛から遠ざかっていると、どうしてもファッション面では自分のラクさや好みを追求してしまい、男性ウケファッションを忘れがち。しかし、あくまでもいずれ結婚をし、パートナーを求めている場合は、もう少し「自分が心地よい自分」ではなく、ゆるふわな素材が必要になります。

新しい恋に向けてスイッチをONにしたいときは、まず男性目線を意識した新しい洋服をいくつか用意しましょう。あえて、自分らしくないジャンルのファッションを楽しんでみるのもあり。

普段、黒やネイビー、グレーのようにどちらかというと重たい(深い)色を着る機会が多いなら、ピンクや水色、黄色のようなパステルカラーを取り入れてみては?真冬は暗い色の服が多いので、あえてパステルカラーの洋服や小物を取り入れるのも良いでしょう。

1日のスケジュールの中に自分磨きの時間をつくる

恋愛とは無縁の生活を送っている人の中には、とにかく仕事をしまくり、そのことしか頭に入っていない人もいるはず。

いわゆるキャリア志向の強いタイプですね。普段は仕事をしているため緊張感がありますが、休みになった瞬間に緊張の糸が切れ、だらだらぐーたら休日を過ごしていませんか?

自分磨きとは程遠いようなお休みを過ごしているなら、少しずつ、彼氏がいた時代へと戻れるように習慣から見直してみて。

仕事や趣味の両立を頑張っている女性の中には、前日のうちに翌日分のスケジュールを見直す人も多いでしょう。そのときにぜひ、1日のスケジュールの中に自分磨きの時間をつくってください。

たとえば、お風呂から上がってSNSを見て寝るのではなく、ストレッチを30分、瞑想を5分と、外との繋がりを完全にシャットダウンし、自分自身と深く向き合う時間をつくるのです。

一見、恋愛と関係のないように思えますが、自分を労わる、時間をかけてあげることで、カサついた心が潤うようになりますよ。概ね男性は、心のゆとりのある女性に好感を抱きます。

憧れの夫婦像を考えてみる

恋愛スイッチを押すために、あともう1つ行なってほしいこと。

それは憧れの夫婦像、夫婦生活をイメージすることです。

たとえ今の時点で、いい人が見つかっていなくても、想像するのは自由。他人の前でお披露目する必要もないため、多少よくばっても問題はありません。

夫婦だけの生活を楽しんだ後に子育てに入りたいとイメージする人もいれば、いつまでも自立した関係で自由な夫婦でいたいと願う人もいるでしょう。

頭の中だけで考えにくいときは、Instagramを利用します。Instagramですでに理想とする夫婦生活を実現している人を見つけたら、こそっとスクリーンショットをします。メモ(記録)兼モチベーションが下がったときに見返すためのお守りのような役割を果たしてくれますよ。

恋愛のリハビリは、少しずつ行なうことがポイントですよ!

いかがでしたか?

恋愛スイッチが入らなくても、焦らなければ大丈夫。

無理のない範囲で少しずつ免疫をつけつつ、恋愛を楽しんでいた時期の感覚を取り戻しましょう。きっと自然にスイッチが入ったタイミングで、素敵なご縁が待っています。

関連画像