仕事に行くとき、飲み会に行くとき、お泊まりデートをしたとき…。彼をお見送りする機会はたびたびありますよね。その際、彼女に可くお見送りされると、彼は思わず『キュン!』としてしまうんだそう。

では、どのような“お見送り”が、彼のハートを鷲掴みにすることができるのでしょうか。

笑顔で「いってらっしゃい」

男性はやはり女性笑顔が大好き!「いってらっしゃい!」と笑顔で見送られると、とても嬉しく感じます。そして同時に、「ただいま!」と、あなたの元へまた帰って行きたくなるものなのです。

最もシンプルなこのお見送りは基本中の基本!彼が気持ちよく出かけられるように、最高の笑顔で送り出してあげましょう。あなたのかわいい笑顔に、彼も思わずが緩んでしまうはずです。

から手を振られる


玄関で「いってらっしゃい」を済ませたはずなのに、外に出てふと部屋の方を見上げたら彼女がこっちを見て手を振ってくれていた。そんな健気な姿に彼はキュンキュン!いつも見守ってくれる彼女の存在は、彼の中で大きくなっていくに違いありません。

しかし、これは彼が部屋の方を見上げなければ気付いてもらえませんよね。別れ際に「もう離れなきゃいけないの、寂しいな~」というように、別れがたい行動を取っておくと、外に出た彼もあなたのことが気になって部屋の方を気にしてくれるかもしれませんね。

1度越しからのお見送りが成功すれば、その後はそれが定番化!新たな楽しみが1つ増えますよ。

■いってきますのチューを待っている


「いってらっしゃい」を言ったあとは、「いってきますのチューして?」と、可くお願いしてみましょう。急にキスをねだられた彼は『可愛いな~』と、ニヤニヤしてしまうこと間違いなし。積極的な女性であれば、彼にお願いする前に自分からして思い切ってキスをしてしまうというのもGOOD!

『いってらっしゃいのチューなんてありきたり過ぎて恥ずかしい…』と、思うかもしれませんが、そういう“いかにも”な行動が、意外と彼にハマったりするものです。彼とのスキンシップを増やして、2人の距離をどんどん縮めていきましょう。

いかがでしたか?『結婚したら毎日こうやって見送ってもらえるんだな』と、あなたとの将来を考えるきっかけにも繋がるお見送り。男性は、女性よりも結婚後をうまく想像できないため、よりリアル結婚生活の疑似体験をさせるのがベストですよ。彼に結婚を意識させるためにも、可くお見送りができるよう意識してみるといいかもしれませんね。
(きえお/ライター

カツ編集部)

long distance relationship, couple at train station