ネット上で先日「犬と猫を両方仲良く飼うためのコツ」が話題となりました。きっかけは、海外動物専門チャンネルで放送された番組。その中で紹介された「種ではなく性格を考慮する」「の方をしつける」「両者を対面させる前、に縄りを与える」「犬と猫を会わせる前にお互いのニオイをかがせる」「できれば小さいうちから一緒に育てる」といった方法について「大変そう」「優先なの? ばっかり慢させてる」「うちはほっといたら勝手に仲良くなったよ」「こればっかりは相性だよね」など、さまざまなが上がりました。

 犬と猫の両方を上手に飼うためのポイントは何でしょうか。オトナンサー編集部では、犬と猫の生態に詳しい東京農業大学農学部の内山教授ヒト動物の関係学/動物行動学)に聞きました。

個体の性格と住居環境について検討を

Q.犬と猫ペットとして一緒に飼う際、最も重要なポイントは何でしょうか。

内山さん「社会性を持った動物なので、一緒に飼うことに大きな問題点はありませんが、やはりまず考慮すべきは、その個体の気質(性格)と生活環境です。も、個体ごとにさまざまな性格を持ちます。社交的で好奇心が強い個体もいれば、不安が強く、やや神経質な性格の個体もいるでしょう。前者であれば、さほど大きな問題もなく互いを受け入れ、共生関係を持った生活が望めると思いますが、較的後者に近い性格のの場合、やや苦労する可性は否定できません。また、生活環境次第ではあるものの、十分な広さがあれば、お互いの距離間を緩やかに分けて生活できますし、ストレスを回避できる自身の隠れのような場所を作ることもできます。両者が極度に神経質でない限りは、グルーミングし合うとまではいかなくとも、時間をかけることによって飼いを中心に仲良く生活できるようになっていくと思います。犬と猫を導入する前には、個体の性格と住居環境について十分に検討する必要があります。限られた間を共有するには、較的時間がかかると考えておくべきでしょう」

Q.犬と猫の「初対面」時に気を付けるべきことを教えてください。

内山さん「『仲良くなるだろう』という人間の感覚で、いきなり両者を対面させることは避けた方がよいでしょう。は恐怖を抱くと、トレーニングなどでその感覚を払拭するのがよりも難しいのです。も嗅覚的なコミュニケーションにたけているため、導入にはゆっくりと時間をかけ、まずはにおいを共有していく(混ぜていく)ことから始めます。たとえば、双方のにおいの付いたタオルなどを部屋に置いておく、飼いがどちらかをなでたり抱いたりした後、他方にアプローチする、などの方法が有効です。お互いの存在を嗅覚的に十分認識させ、様子を見ながら徐々に視覚的にも対面させていくことが望ましいといえます。ファーストコンタクトから緩やかな接触の間では、突発的な危険を避ける上でも、どちらかをケージやキャリーケースに入れておくなどの工夫をするとよいでしょう。飼いが双方の間を物理的、心理的に取り持てるようになることが重要です」

を迎える人」「を迎える人」のポイント

Q.「既にがいて、を迎えたい人」が知っておくべきポイントを教えてください。

内山さん「まず、の性格と行動をよく知っておくこと。たとえば、ほかのを含む動物に対して攻撃的になったり、慣れない環境で落ち着かなかったりしないかどうか、また、そのような状況でも飼いさんとアイコンタクトを取り、落ち着きを取り戻して待つことができるかどうかを把握しておきましょう。もう一点は、の性格を考慮すること。人に対する不安やおびえ、また、これに準じた行動の有は、特にシェルターから迎え入れる場合などで注意が必要です。過去の出来事によっては、人や動物に不信感を持っているもいるからです」

Q.「既にがいて、を迎えたい人」が知っておくべきポイントを教えてください。

内山さん「の生活圏が十分に確保されているかを確認しましょう。特に、逃げられる場所の確保は大切です。また、そのは社交的でしょうか。種によっては、追いかけ回したり、攻撃性が高かったりするもいます。個体の性格ももちろんですが、種も考慮してみましょう」

Q.「両方同時に迎えたい人」が知っておくべきポイントを教えてください。

内山さん「子子猫社会化期は、年齢や性別を含むさまざまな環境や人、ほかの動物など、その個体を取り巻く世界を学習していく大切な時期です。生後8~12週齢の時期にお互いが共存していれば、お互いに慣れ親しみ、遊びを共有するなど理想的な関係になる確率が高いと考えられます。ただ、この時期でなければダメというわけではありません。それぞれが社会化期に学習していれば、仲良くなってくれる可性は高くなります」

(オトナンサー編集部)

犬と猫を仲良く飼うためのコツとは…?