TVアニメ『一人之下』の続編にあたる『一人之下 羅天大ショウ篇(ラテンタイショウ篇)』が、2018年1月より放送されることが決定した。放送情報と併せて、キービジュアルや先行PVが公開されている。

【大きい画像を見る】『一人之下 羅天大ショウ篇(ラテンタイショウ篇)』ロゴ(C)TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会


『一人之下』の原作は、累計102.5億PVを更新中の中国の人気WEBマンガ。主人公の張楚嵐ら、特殊能力を持つ「異人」たちの異能バトルを描く作品だ。
アニメ第1期では「異人」であることを隠していた張楚嵐が、不老の秘密を抱える謎の少女・馮宝宝との出会いをきっかけに武闘大会「羅天大ショウ」に出場するところまでが展開。第2期は「羅天大ショウ」を舞台に作品の謎が解き明かされていき、魅力的な新キャラクターも続々と登場する。

声優では張楚嵐役・田丸篤志と馮宝宝役・早見沙織が続投するほか、鳥海浩輔、興津和幸、平川大輔、立花慎之介、野島健児、日笠陽子ら実力派が勢ぞろい。熾烈な戦いを予感させるビジュアルと先行PVに期待が膨らんでいく。



『一人之下 羅天大ショウ篇(ラテンタイショウ篇)』
TOKYO MX にて2018年1月9日より毎週火曜日25:40スタート
BS12 にて1月13日より毎週土曜日27:00スタート
※初回放送は、第1期のダイジェスト版となります

(C)TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会【ほかの画像を見る】『一人之下 羅天大ショウ篇(ラテンタイショウ篇)』キービジュアル(C)TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会
『一人之下 羅天大ショウ篇(ラテンタイショウ篇)』キービジュアル(C)TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会