女優の土屋太鳳が16日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』初日舞台あいさつに登壇し、佐藤健からのサプライズで贈られた手紙に瞳を潤ませた。この日は薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督も来場した。

 本作は、岡山県に実在するカップルに訪れた奇跡をベースにしたラブロマンス。結婚式の直前に病で昏睡(こんすい)状態に陥り、回復するも相手の記憶をなくした麻衣(土屋)と、それでも彼女を愛し続けた尚志(佐藤)の8年の軌跡を追う。

 佐藤が「とっても一生懸命やってもらって大変お世話になったので、感謝の気持ちを込めて書かせてもらいました」と読み上げる手紙には、映画『るろうに剣心』で初共演した際、土屋が自分から小道具の刀を盗んで「うっしっし」と笑い、陸上選手並みのダッシュで走り去ったという可愛いエピソードからはじまり、ネット検索で見つけた土屋の長文ブログに衝撃を受けたこと、出演作品を片っ端から鑑賞し、出会った当初に感じた「ヤバイ奴」という直感が確信に変わったこと、そんな土屋と4年越しに夫婦役で共演できたことを喜ぶ素直な気持ちがつづられていた。

手紙を読む佐藤とそれに耳を傾ける土屋

 そして、「君は、ことあるごとに『背中を追いかけてきた』『尊敬している方』『健先輩には本当に感謝している』と言ってくれたけど、上手にリアクションが取れずにごめんなさい」と謝りつつ、それらの言葉によって「強くなれました。自信を持てました。尊敬してもらえる先輩で居続けられるように自分を奮い立たせることができました」と感謝。また、「現場で僕に向けてくれたあなたのエネルギーが役作りのすべてでした。尚志として立っていられたのは、麻衣が太鳳だったから」と吐露すると、「僕にかけてくれた言葉の分だけ、自分を褒めてください」とねぎらった。

 佐藤の言葉に耳を傾けていた土屋は「本当にありがとうございます」と嬉しそうに礼を述べると、「去年はいろんな作品をやっていて気持ちが追いつかなくて、辛い部分がありました」と撮影時を振り返り、目に涙をためて声を震わせる場面も。しかし、気を取り直して「こんな素晴らしい役者さんと同じ時代に生きれて良かったと思います」と笑みをこぼすと、「気持ちがいっぱいで何を言ったらわからないですけど、この手紙を家宝にして、生きていることの素晴らしさを実感しながら、健先輩と取り組んだ時間を大切にして、生きていきたいと思います」と誓いを立てた。この日は、ステージ上に特大クリスマスケーキも登場。佐藤は照れながらも土屋からのファーストバイトを頬張っていた。(取材:錦怜那)

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は全国公開中

佐藤からの手紙を胸に笑顔を見せる土屋