*本稿には『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。未見の方は、ご注意ください。

スター「ウォーズ」という作品をつくるとは、どういうことか?

 戦争と革命の時代は終わった。圧倒的な軍事力によって他国を支配し、人民を虐げる帝国と抵抗勢力との戦いや、体制を打倒する革命の時代は終わった。
そんなふうに言われる時代にスター「ウォーズ」という作品をつくるとは、どういうことなのだろうか?

 ジョージ・ルーカスが最初につくった1977年の『スター・ウォーズ』(以下『SW』)は、20世紀的な世界大戦を連想させる、ふたつの勢力(帝国軍対共和国軍)の戦争と革命を描いていた。

 シリーズ最新作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(以下『最後のジェダイ』)では、前作エピソード7に引き続き、帝国崩壊後に勃興した軍事勢力ファースト・オーダーと、それに対抗するレジスタンスとの戦いが描かれる。一見すると、エピソード4から始まる旧3部作の帝国対共和国の構図そのままだが、そこには大きな違いがあるように思える。

これは革命ではなく、政権交代であるように思える

 ルーカスが1977年に産んだ『SW』は、戦争と革命を描き、映画表現やビジネスにも革命を起こした。

『最後のジェダイ』では、「戦争」は描かれないし、革命も起きていない。革命とは、支配されているものが支配するものを倒すこと、古い国やものを壊し、新しい体制やものをつくることだ。『最後のジェダイ』は、物語、表現(技術やデザインも含めて)、ビジネスの面で、これまでのSWという枠を壊していない。

 しかし、それは本作の真価を損なうものではなく、むしろ、21世紀の現在につくられるべくして誕生した真っ当なSWシリーズの新作であることの証明なのだ。

 物語のベースは、ファースト・オーダーの艦隊の奇襲を受けたレジスタンス勢力が、別の惑星にある基地に逃げる、というものだ。これは、大きな対立(戦争状態)の中の戦闘を描いたものだ。

 終盤近くで、カイロ・レンは、ファースト・オーダーの最高指導者スノークを殺害する。これはいわば、レンによるクーデターであり、一種の体制内革命となるはずだが、本作はそのようには描かない。カイロ・レンはレイに、一緒に新しい秩序をつくろうと呼びかけるが、結局そんな行動は見せない。ファースト・オーダーという組織を破壊するのではなく、空席になった最高指導者の椅子にカイロ・レンが座っただけだ。組織のトップが交代し、その権力や目的が、そのまま新しい指導者に継承されただけに見える。今後のことは次のエピソードで描かれるのかもしれないが、少なくとも現時点では、これは革命ではなく、政権交代であるように思える。

連想したのは『ダンケルク』だった

 この交代というモチーフは、他にも見られる。重傷を負ったレイアの代わりに指揮官に就任するホルド提督。交代ではないが、エースパイロットのポー・ダメロン中佐は、指揮官(レイア)の命令に背いたことで、降格させられる。そして何よりも、物語の中心には、ルークからレイへの継承というモチーフが据えられている。

 これは「革命」ではない。物語が革命を描かなかったように、テーマや表現にも革新はない。それは本作がSWという永遠に続く王国の一部だから当然なのだ。そして、ルーカスという作家ではなく、ディズニーという会社がSWというフランチャイズをつくる結果でもある。

 シリーズ史上最長の152分という長尺で、ファースト・オーダーに追われるレジスタンスがひたすら逃げる状況が語られる。その間に、ルークとレイの継承と交代のエピソードと、カイロ・レンとスノークの抗争、レンとレイのフォースによるコミュニケーション、さらにフィンとローズの潜入劇が交互に語られる。

 連想したのは、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』だった。戦争という大きな物語の一部(逃走劇)にフォーカスして描いているという点が似ている。この戦争はどうして起きたのか、戦いの行方は世界をどう変化させるのか、という視点を排除しているところも、『ダンケルク』に近い。戦争ではなく、戦闘を描くことで、ストーリーを語るというよりも、シチュエーションやキャラクターを効果的に見せていく。これはTVシリーズでのキャラクターの描き方に近い。物語を進めていくのではなく、キャラクターを深掘りする方法だ。前作から受け継いだレイ、フィン、ポー、カイロ・レンたち新キャラクターをさらに深く、魅力的に見せることに注力している。しかし、フィンとローズの敵地潜入のエピソードや、レイとルークの深まらない交流と継承などが徹底されていないのは残念だ。

 もちろん、カイロ・レンとスノークの騎士団との剣戟シーンや(ライトセーバーの逆手持ち!)、最後の塩の惑星での決戦など(真っ白な世界に、あたかも盛大に血しぶきが舞うように見える戦闘シーン!)、印象的なシーンはいくつもある。

 SWという永遠に続く王国で、新しい物語を始めるためには、枠組みを破壊する革命ではなく、そこで活躍するキャラクターを描き、枠内を埋めるべきである、という賢明な判断があったのだろう。

わたしが最初に『SW』に遭遇したのは、浜村淳氏のラジオだった

 では、ルーカスの起こした1977年の「革命」のことを振り返ってみよう。

 わたしが最初に『SW』に遭遇したのは、浜村淳氏のラジオだった。観る前にあの語りで、いきなり詳細を知ることになったのだ。その後、映画雑誌「ロードショー」に掲載されていた1枚のスチール写真を目にする。C-3POの横で、双眼鏡をのぞいているルーク・スカイウォーカーの姿は、それだけで『SW』の新しさを伝えてくれた。
日本で公開されたのは、アメリカから遅れること1年以上(日本では『未知との遭遇』の方が先に公開された)。当時はインターネットなどないので、海を超えてくる情報量や速度は今とは比べるべくもないが、それでも『SW』の評判は、日々届いていた。凄いSF映画が大ヒットして、世界中でSFブームが起こっている。そんな海外での熱狂を受けて、『SW』の日本公開前に、東宝の『惑星大戦争』、東映の『宇宙からのメッセージ』など、急ごしらえの和製SWが公開されたりもした。

 わたしも『SW』を目にすることを楽しみにしている少年の一人だったが、それがSF映画と呼ばれることに、どこか違和感を抱いていたのも確かだった。当時のわたしにとってのSFとは、現実の世界や社会が抱えている問題や矛盾を、別の視点やシチュエーションを導入することで浮き彫りにし、批判するものを意味していた。『2001年宇宙の旅』『猿の惑星』『ソイレント・グリーン』『赤ちゃんよ永遠に』『1984』『ゴジラ』など、社会批評や哲学的な視点があるものがSFだった。『SW』について、当時の世論にも、荒唐無稽、子供騙し、思想がない、などという批判的なものが散見されたのも事実だ。

 果たして、公開された『SW』は、SFではなかった。SFではなく、宇宙を舞台にした「おとぎ話」だった。かといって、批判されていたような底が浅い子供向けの宇宙チャンバラ映画でもなかった。それは、それまでの映画を変えてしまう、革命的な映画だった。まさに「スター・ウォーズ」というムーブメントとカルチャーを新たに創出した作品だったのだ。

神話論と普遍的なテーマとスペースオペラ

 ルーカスが『SW』の世界を創作するにあたって、神話学者のジョーゼフ・キャンベルの『千の顔をもつ英雄』などの神話論をベースにしたことはよく知られているが、『SW』で展開されていたのは、親子の関係や、青年の成長などの普遍的な問題(テーマ)だった。

 さらにフォースやジェダイという東洋的な思考の影響をうかがわせる概念によって、西欧的ではない、むしろ古典的な、宗教的、哲学的な要素をSF(スペースオペラ、といった方がいいかもしれないが)に持ち込んだ。そのひとつが、フォースには、ただの善悪ではない、物事の二面性が潜んでいる、という考え方だ(そこには若き日のルーカスが黒澤明作品などに傾倒した影響もあるだろう)。

スターウォーズはアメリカン・ニューシネマを終わらせた

『SW』のヒットはアメリカン・ニューシネマを終わらせた、ともいわれている。1960年代に映画製作を志したルーカスは、ハリウッド的なシステムを嫌い、F・コッポラとともにインディーズの制作会社を立ち上げている(そこでつくられたのがデビュー作の『THX 1138』だ)。ルーカスは、アメリカン・ニューシネマを終わらせたのではなく、新しい映画の方法を発明した、という方が正しいだろう。根本的な革命を起こしたのだ。

『SW』は、技術と映画ビジネスにも革命を起こした。エピソード4から6までの旧3部作の時代は、セットやミニチュアなどをモーションコントロールカメラで撮影するなどのアナログによる特撮技術(SFX)を駆使し、エピソード1から3は、エイリアンやドロイドや背景のほとんどをデジタル技術(VFX)で描くなど、最先端のテクノロジーで世界を構築している。

 これらの技術の研究開発のためにILM社、THX社、スカイウォーカー・サウンドなどを立ち上げ、そこで培われたノウハウが、世界中の映画製作に大きく貢献することになった(ご存知のように、ピクサーもルーカス・フィルムのCG部門から生まれたスタジオだ)。

権利ビジネスとスターウォーズのユニバース

『SW』とルーカスは、VFXやCG、音響システムなど、映画のテクノロジーに新しい道を開き、その発展を導いてきたのである。ルーカスよりも少し下の世代のジェームズ・キャメロンも、同じような貢献をしている。

 ルーカス自身も、旧作を1997年に「特別篇」としてデジタル技術による一部修正版を公開した後、DVDやブルーレイが発売されるたびに、最新の技術による修正を行っている。これは、映画作品が劇場公開の1作品だけでは完結せず、時代とともに上書きされ、形を変えていくソーシャルゲームや連続テレビドラマのような形態に変化していることのさきがけでもあった。

 ビジネスの面では、マーチャンダイジングの権利を得ることで、権利ビジネスとしての映画の可能性にいち早く気づいていたのがルーカスだった。映画から生まれた様々なフィギュアやおもちゃ、ゲームやアニメが、SWのユニバースを形成している。そして、それらは映画を観ることとは違った意味で、楽しいのだ(わたしはこれまでに、どれだけのレゴ・ブロックの新作やフィギュアを買いまくったことだろう!)。

キャラクターの配置が現代的である理由

 ルーカスと『SW』による映画の革命の後に、今の全ての映画はつくられ、映画のビジネスが成立している。

 最新のVFXを使って、いかに新しい表現を模索しても、それは40年前の革命の枠内にある。ミレニアム・ファルコンの実物大セットを作って臨場感を追求したと言っても、すでにエピソード4の時代に作られている(この時は右半分しか作られなかったが)。真の意味での技術的な革新は起きていないのだ。

 世界や人物、メカニックなどのデザインも、SWのフレームに収める必要があるので、1作目の時のように斬新で、真の意味で新しいものは作られない。さらにプロジェクトとして、本編とスピンアウトをそれぞれ隔年で交互に公開しなければならないのならば、一人のクリエイターが、すべてに関わることも難しい。複数の監督が、SWという宇宙の法則を守り、それでも観客を飽きさせない映画を作っていかなければならないのだ。

 この難問に、『最後のジェダイ』は、果敢に挑戦している。そういう意味で、脚本と監督を務めたライアン・ジョンソンは見事な仕事をしてくれた。すでに達成された革命の線上で何ができるか、何をすべきなのかを考えた結果が、21世紀の現在においてSWをそれぞれのキャラクターの継承と交代の物語として語ることだったのだ。

 そのため、キャラクターの配置も現代的である。

 ヒロインのレイはもちろん、レジスタンス軍の上官がレイアたち女性であることや、フィンのバディとして活躍するアジア系のローズという女性など、ルーカスのSWがつくられた時代では見られなかった、ジェンダーやマイノリティーについて熟考されている。

ディズニー映画の傾向との類似点

 革命や政治を語るのではなく、現代の観客が日常で感じ取っている社会的な問題に目を向けている。女性は救いを待っているお姫様ではなく、自ら武器を持って立ち上がる戦士なのだ(これは、近年のディズニーのプリンセスものが、王子様を待つだけではなくなったこととシンクロしているように思える)。

 さらにレイの出生の秘密が明らかになると、本作と、この新3部作が語ろうとしているテーマが浮上してくる。

 レイはかつてないほどのフォースの持ち主だが、彼女の両親はジェダイでもなく、普通の人間だったことがわかる(次作以降で語られる真相は異なるかもしれないが)。カイロ・レンがハン・ソロとレイアの息子で、ルークがダース・ベイダーの息子だったこととは違うのだ。レイは「姫」ではない。

 アナキンの出生に似ているが、事情は少し違う。アナキンの場合は、「父親がいない」と語られ、フォースの能力に恵まれているのも、体内の微生物(ミディ=クロリアン)の数が生まれながらに多かったからだったとされる。つまりアナキンの出生も、謎めいて神話的で、特権的なものだった。

『METAL GEAR SOLID3 』とスターウォーズについて

 しかし、フォースというものは、特別な血統や出自によって受け継がれるものではなく、ルーク自身がレイに語るように、フォースは「全てに宿るエネルギー」だということが明かされる。

 エピソード1から6までは、ルークとレイア、ベイダーのスカイウォーカー一族の物語だった。フォースという特別な素質を持った人間が物語の主人公になる。特にエピソード1から3は丸ごとベイダー誕生の物語だった(ちなみに、『METAL GEAR SOLID3 』は、ビッグボス誕生というプリクエルの位置づけのせいか、SWからの影響を時々指摘される。ベイダー=ビッグボスという連想のせいだろうが、それは違う。あれは「猿の惑星」シリーズや、S・ハンターの「スワガー・サーガ」のシリーズ構成を意識している)。

 王国が権力を世襲していたように、フォースも選ばれた者の血筋によって継承される。だがそうではなく、誰でも“フォースの覚醒”に恵まれる可能性があるのだ。誰もが物語の主人公になれる。レイア「姫」は、もはや「姫」ではなくレジスタンスの指揮官で、それは誰かと交代できる存在なのだ。だから“最後のジェダイ”が死んでも、SWは続く。

「血のように見える」赤い塩

 同じことはゲームの世界でも起きている。以前の主人公は、エリート(特殊な技術や前歴を持った“選ばれた”人間)ばかりだったが、『Grand Theft Auto』などから、マイノリティーや社会的弱者が主人公になるようになった。選ばれた人間だけでなく、誰もが主人公=プレイヤーになれるのが、今という時代だ。

『最後のジェダイ』は、SWを神話の時代から解放して、現代へと解き放とうという試みかもしれない。それを示唆するのが、少年が宇宙を見上げるラストシーンだろう。
誰もがSWのユニバースの主役になれる可能性がある、それを示唆したのが本作なのだ。王様がいなくなった王国で、新しい時代が始まる。

 王様を倒す流血の革命の時代は終わり、スター「ウォーズ」ではなく、誰もが参加できる「フェスティバル(祭り)」の時代が始まったのだ(塩の惑星で派手に舞い上がったのが、血しぶきではなく、「血のように見える」赤い塩だったことは、象徴的だ)。

 この新しい王国の安定と繁栄を保つために、年に一度のフェスティバルが開催される。終わらないフェスティバルが始まる。

 ジョージ・ルーカスではなく、ディズニーがSWというフランチャイズを手がけるというのは、そういうことなのだ。マジック・キングダムで、誰もがプリンスやプリンセスになれる。血は流れず、革命も起こらない。

 本作ではSWという枠の破壊ではなく、継承が行われた。銀河の片隅の名も知らぬ少年にもフォースは宿るという、革命の予兆が描かれた。『フォースの覚醒』から『最後のジェダイ』へと至り、革命の準備は整ったはずだ。

 誰もがフォースを手にして、血が流れる革命が次回作で描かれるのを期待したい。

 そのクリフハンガーこそが『最後のジェダイ』なのだ。

INFORMATION

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
公開中
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.su

(小島 秀夫)

(c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.