昨年(昨日)放送されたガキの使いあらへんでの「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」は毎年のごとく大きな反響を呼び、今年も紅白の裏番組として十分役割を担ったのではないでしょうか。そんな中、番組内で少し問題のあるシーンが有りました。それは浜田雅功が恒例の扮装を行なったのですがそれがどうやら外国人からクレームがでているようです。
ー問題のツイート内容
今回問題となっているのは、笑ってはいけないでダウンタウンの浜田が扮装した「エディー・マーフィー」主演のビバリーヒルズ・コップ風のコスプレです。

番組の演出上、警官にコスプレするという内容でしたが、何故か浜田だけは黒人の設定というシュールな展開に番組内では常に笑いをとるという異例の事態。

笑ってはいけない、にも関わらず、浜田がいるだけで笑えてしまうというハンデもあり、メンバーからは「着替えて下さい」と要望があり、その後いつものスタイルに着替え直しました。

しかしこの演出が、黒人外国人から見てあまり面白いものと感じないようで「黒人差別」であると捉える人もいるようです。

ハッシュタグ「#StopBlackFaceJapan」という物も生まれ、今後この認識が世界に広がっていく可能性が高まってきました。

テレビの差別と言えばフジテレビで石橋貴明が「保毛尾田保毛男」というキャラクターで登場した際に、同性愛者への差別だと批判されました。また海外ではダルビッシュに「つり目ポーズ」をしたグリエルが問題となりました。

コスプレの良し悪しはさておき、大本となっている元ネタを嘲笑の対象として表現することは最近極めて否定的な意見も多くなっております。


また、政治・テレビに対する批判を
漫才のネタにした芸人も物議をかもしました。


テレビでの「規制」が厳しい昨今
黒人ネタもその対象となっていくのかもしれません。

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
笑ってはいけない浜田の「黒人メイク」が黒人差別だと黒人外国人が大激怒!