(©ニュースサイトしらべぇ)

1日の日本テレビ18時から21時は、毎年恒例のスペシャル番組『ウルトラマンDASH』を放送。今年も各ジャンルから集められた「ウルトラマン」たちがピンチを救おうと、数々の難関に挑んだ。

多くの猛者が出演する中、TOKIOのリーダー城島茂が起こした「奇跡」に称賛の声があがっている。

■ヘリコプターからラーメンを…

ヘリコプター

(alptraum/iStock/Thinkstock)

城島は世界選手権金メダリストパイロットの青山氏ともに、機内からラーメンの麺(サンプル)を茹でたうえ湯切り、屋台に設置された丼に入れるという挑戦に。

2人はまず麺の入った「てぼ」を鍋に入れ茹でる作業に着手。ホバリング(機体を空中で止めること)した状態を保つ青山氏に、城島は的確な位置を伝え、鍋の狭いスペースに「てぼ」を入れることに成功。

空中での湯切りしたのち、丼に麺を入れる作業に。幅3センチの台に「てぼ」を乗せるという荒業だったが、こちらも青山氏と城島の連携で奇跡的に成功する。

そして最後は、締めの煮玉子。残り1分を切るなか、城島がヘリから丼めがけて投下。なんとこれも、難なくクリア。この様子にはスタジオも騒然で、松岡が「リーダかっけえ」「あそこで外すのがいつものあなただからね」驚くほど。

■ダーツでは斜め上の奇跡を

ダーツ

(Elitsa Deykova/iStock/Thinkstock)

さらに『ザ!鉄腕DASH!』のVTRテープでドミノ倒しを完成させるチャレンジでも、成功間際に現れた行く手を阻む風船を、城島が投じるダーツで割る挑戦が。

複数回投げたダーツは、まったくありえない方向に。そして、2回目に投じた矢が、ドミノを止めてしまう。

刻一刻と番組終了時間が迫るなか、城島は一心不乱に矢を投げる。その様子は、長瀬が「上手い人にやらせればいいじゃん」と叫ぶほど。

渾身の力で投げた13投目、矢が風船ではなくVTR(ドミノ)に命中。「リーダー違う!違う!」とゲストの小峠が叫ぶなか、すべてのドミノが倒れる。

「今のでよかったんですか?」と声をかけられた城島は「結果オーライということで」と締め、斜め上の奇跡を起こし、ミッションは「一応成功」となった。

■ネット民から称賛の声

城島の奮闘ぶりに、ネット民からは「笑った」、「素晴らしかった」など称賛の声が。

■リーダといえば…

今回リーダーとしての存在感を存分に見せつけた城島茂。いわゆる愛されキャラで、幅広い世代から人気を集めている。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,378名に、独自ピックアップした10人のうち「リーダーといえば誰だと思うか」を調査したところ、城島はいかりや長介に続く2位。

(©ニュースサイトしらべぇ)

いかりや長介が故人であることを考えれば、リーダーは城島の代名詞になりつつあるといえる。これからも愛されるリーダーとして、TOKIOを引っ張っていってほしいものだ。

・合わせて読みたい→TOKIOが農家に収穫方法を教える珍事 「何者?」とネット民震撼

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ほうじちゃ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1378名(有効回答数)

元日から大活躍! 『ウルトラマンDASH』城島茂が起こした奇跡に賞賛の声