皆様、明けましておめでとうございます!さて、新年一発の運試し「おみくじ」は引かれましたでしょうか?おみくじを引いたときは神社に結んで帰るのが一般的ですよね。小吉、悪い事が書いてあったら結んで帰って悪いことは持ち帰らないと言った考え方もありますよね。大吉が出ても結ぶのか?それとも持ち帰るべきなのか。今回は、おみくじは結ぶべきか持ち帰るのかについて調べてみました。

神社に行くと、おみくじを引いた後に結ぶ場所「おみくじ結び所」があります。
おみくじを引いたらそこに結ぶとされていますが、なぜおみくじを結び所に結んで帰るのでしょうか?

一般的に言われているのが「おみくじで悪い事が書いてあったら結んで帰る」というものです。
悪い運を神社に留め置き、神様を吉に変えて頂くという願いを込めて結ぶ意味合いがあるようです。

大吉が出ると「今年1年良いことがありそうだ!」と思う反面、取り扱いに困ってしまいますよね。
神社に結んで帰るのか、それとも良い運だから持ち帰るべきなのか。

結論から言うと「どちらでもいい!」と言うことです。



本来、おみくじ神社に結ぶという行為は、「神様との縁を結ぶ」事が由来とされています。
そのことから、であろうと大吉であろうと、おみくじ神社に結んでも何ら問題はないと言うことです。

と言うことは、大吉のおみくじは持って帰っちゃダメなの?とも思ってしまいますよね。
せっかくの大吉、良い運は持って帰りたいと思うものです。

もちろん持って帰っても問題ありません。
ただし、丁寧に扱う事が大事です。
神様からの贈り物ですので、破ったり、ゴミ箱ポイっと捨ててしまうことのないように。
最終的には、神社に持っていき結んで神様にお返しをしてあげて下さい。

自身のめや引き締めのために、あえて悪いおみくじを持って帰って時々見る。ということをしても良いようです。

大吉でもでも、おみくじは結んで帰っても持ち帰ってもどちらでも問題ない!ということですね。
おみくじ」は単に吉判断を的として引くのではなく、その内容を今後の生活針としていくことが何より大切なことといえます。また神社内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

引用元 神社本庁http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omairiiroha/omikuji/

画像掲載元 ぱくたそ
(秒刊サンデーマギー



画像が見られない場合はこちら
おみくじ、持ち帰る?それとも結ぶ?神社本庁の答えは!