【元記事をASCII.jpで読む】

 福袋企画で外せないのが、ちょっと手が出しづらい名前の製品。次にご紹介するのは、買取販売市場ムーランの「不幸袋」だ。価格はぴったり1000円。

 中を開けてみると、出てくるわ出てくるわ。箱がない製品も多く、詰め込まれ感がハンパない。ラインアップも豊富で、フィギュア、ホビー、漫画、文具、ゲームとジャンルもごった煮。ひとつでも「あ、これは俺アリだわ」と言える製品があれば儲けものといった感じだが、意外にも我々が購入した袋は、“不幸”と呼ぶにはパンチが足らない感じ。むしろ、ちょっとイイかもと、得した気分になるモノもあった。

 たとえば、人気ゲーム「スプラトゥーン」とのコラボ水鉄砲「スプラシューター」は、実売4800円という場合もあり、そこそこ高価だ。自分ではわざわざ購入することはないというゲーマーの人でも、ちょっとうれしいかもしれないし、小さな子供がいる家庭なら十分アリな製品だ。

 全体的に見ると、人気作品のホビーやフィギュアもあり、今入手できる販売価格の総額だけで見ると1000円ならそんなに悲惨ではないかもしれない。たとえば、くじの商品やゲームセンターの期間限定キャンペーングッズは、オークションなどにも出品されており、ファンからすればお金を出しても買いたいものもあるように思える。

 むしろ、現在ハードを入手するのが困難なゲームや、中途半端な巻数の漫画の方が扱いに困るかも。このラインアップ、どう判断するかは貴方次第だ。

ラムタラ秋葉原店
残念袋 800円

 ラムタラで残念袋を発見。しかも袋には「開封した際、ショックによるめまい・立ちくらみなどの症状が出る場合がございます。」の注意書きが。これは中身が期待できる! いや、新年早々ショックを受けること間違いない! と思い即購入。

 手に取って驚いたのが、その重さだ。A4サイズの小さな袋でありながら、底が抜けそうなほどずっしりと重い。鉄板だか空DVDの100枚スピンドルでも入っていそうな重さだ。そこで編集部で重さを測っみたところ、約3.6kgもあった。

スプラトゥーンもアリと結構アリ!? 「不幸袋」の意外な中身とは?