上野動物園シャンシャンの誕生と開開始、フクロウハリネズミと触れ合えるカフェができるなど、動物界にも“トレンド”は存在するようだが、やはり2強といえば「イヌ」と「ネコ」だろう。みなさんもご存じの通り、2018年は「年」なわけだが、ずばりイヌネコはどちらが多い?

 

データで見る限り、優勢なのはネコだ。2017

また、先の調とは別の興味深いデータも存在する。ウェブの集客コンサルティングを行うninoyaが2017年7月婚活サイト「キャリ婚」の男性会員を対に行った調では、イヌ均年収が624万円だったのに対し、ネコ537万円と、大きく差がついた。上述のペットフード協会の調2017年1月発表分)では、ひとあたりの支出はイヌがとなっており、おサイフ事情も微妙な影を及ぼしているようだ。

 

しかし、Twitterではどうやらネコの方が優勢。「」「イヌ」「」「ネコ」というキーワード検索すると、「」「イヌ」が1日あたり数万件程度なのに対し、「」「ネコ」が10万件を割ることはない。また「好き」「好き」というキーワード検索しても、やはり多いのは圧倒的にネコの方。

 

さらに、インスタグラム2017年日本人気があったスポットのランキング、最もいいねがついた写真動画、最もフォロワー数が多い著名人などを発表したが、日本人気があったハッシュタグ1位は「#」「#ねこ」だった。

 

このように、いささか乱暴な調法ではあるが、ネコの方が話題になる確率は高いといえる。

 

年はあっても年はない」と言われてしまうと、ネコは口をつぐむしかないが、やはりイヌネコは、ペット界における永遠のライバルのようだ。

金子則男)

 

■関連リンク

平成28年2016年)全飼育実態調結果

http://www.petfood.or.jp/topics/img/170118.pdf

Yahoo!検索リアルタイム) 「」の検索結果

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RimE.k0jVaKHoAgQdol_p7?p=%E7%8C%AB&ei=UTF-8

・共働き志向の婚活男性ネコイヌでは均年収が約90万円の差

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000016123.html