消えそうで消えないお笑い芸人の1人がダンディ坂野だ。「ゲッツ!」の決めゼリフブレイクし、2018年も芸界で一定の地位を確保しそうだ。坂野の認知度が一気に広がったのが、2003年に出演したドラッグストア・マツモトキヨシCMマツキヨ企業カラーである黄色スーツを着て「ゲッツ!」。これで坂野の認知度が一気に広がった。

 2017年8月9日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演した際、坂野は03年のブレイク時の最高収が440万円であったことを告白。しかし、徐々に人気は下降。同番組の収録時点で、年間テレビ出演本数は14本にとどまっていた。

 だが、CMイベントにはいまだ引っりだこだという。「ゲッツ!」のワンフレーズのみの出演で、この1年でファストフードから製会社まで20社にCM出演。「ゲッツ!」と黄色スーツインパクトが強く、ギャラもお手頃なのが人気の理由だという。

 CMのように短い時間でPRするには「ゲッツ!」は最適だ。では、こののなる間芸はどのようにして生まれたのだろうか?

「以前、坂野は舞台に上がるときに『ライドオン!』と走って出て行き、そのあと『ゲット!』と言っていました。ところが滑舌が悪く、先輩から『ゲッツ!』と聞こえると言われ、それなら『ゲッツ!』でもいいと思ったらしいです。それで『ゲッツ!』にしたら大ウケ。以来、使うようになったといいます」(エンタメ記者

 坂野滑舌が悪くなかったら、「ゲッツ!」は生まれていなかったかもしれない。人生、何が幸いするかわからない。18年も「ゲッツ!」で荒稼ぎするに違いない。

石田英明)

アサジョ