防衛省いずも型護衛艦空母修することを検討し始めたことについて、中国内では大きな注が集まっている。中国営通信の新社は28日、日本の安全保障分野における動向について「専守防衛からの変質に警すべきだ」と伝えている。

 記事は、戦後70年以上にわたって維持してきた「専守防衛」政策は、日本が「平和」を歩むうえで有益であったことを摘する一方、2015年安倍政権は集団的自衛権を一部解禁し、「専守防衛」政策は重要な曲がりを迎えたと摘。

 さらに、防衛省いずも型護衛艦空母修することを検討しているとの報道について、「脚を現すもの」であるとしたうえで、いずも型護衛艦空母になり、戦闘機を搭載できることになれば「それは事実上、攻撃を持つ空母である」と摘。大陸間弾道ミサイル、長距離戦略爆撃機、攻撃空母といった攻撃的兵器の保有を禁じた憲法に違反することになるのではないかと摘した。

 また、日本は攻撃的兵器の保有を憲法で禁じているため、いずも型護衛艦修についても、空母は「攻撃的」兵器ではなく、防御兵器であると憲法違反という批判をかわそうとしているとし、こうした狡猾な詭弁は「集団的自衛権の一部解禁の時と同じやり方」であると批判した。

 続けて記事は、日本はすでに土防衛の範疇をえた攻撃的兵器を保有し始めているとし、防御の名で軍備を拡充している日本の動向はアジアの隣らび社会に懸念を抱かせるものだとした。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

専守防衛じゃなかったのか? いずも型護衛艦の空母化に懸念=中国