sirabee1211orange015

(Shoko Shimabukuro/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

たった一人の客の出入り次第で、従業員の帰宅時間が左右されてしまう接客業。閉店間際に来店した客を大歓迎するのも、なかなか難しいことかもしれない。

それでも責任感からきちんと対応する人もいる一方で、中には露骨に「早く帰れ!」という態度をする店員もいるのだとか…。

(1)すぐに食器を下げられるように真横に張りつく

「飲食店での出来事です。閉店まで40〜50分ほどあるのに、私たちが食べているテーブルを数名の店員が横目で見ていて、空いたお皿が出たら、その瞬間に手を伸ばしてすぐ下げるようになって。

私も接客業なので、お店の人が早く帰りたい気持ちは理解出来ます。だからこそ閉店前には出ようと気を遣っていたのに…。

閉店時間が過ぎているならまだしも、閉店前まではきちんと接客して欲しい」(女性・29歳)

(2)露骨に面倒な態度をされて薬の説明もなし

「閉店5分前に調剤薬局に行ったら、受付の人が露骨にため息をつき、ひったくるように処方箋を取られました。その後も、薬剤師が裏で『帰る準備していたのに!』と文句を言っている声が聞こえてきて…。

薬についての用法や容量の説明も心なしか適当で、嫌な気分に。健康に関わる仕事を選んだのだから、そこはしっかりするべきじゃないのかな」(女性・30歳)

(3)客がいるのに帰宅前の掃除を始める

「閉店前の時間に美容院の予約を取ったんですが、美容師さんたちも早く帰りたそうで、ソワソワとしていて。いつもは1時間かけてしてくれるカットも、『もう終わり?』と心配になるほど短時間で終了。

私がカット中なのに、横で掃除機をかけはじめたり、私の席の鏡を拭き、読んでいた雑誌も回収。会計後に椅子に座って財布を仕舞っていたら、早く出ていけと言わんばかりに電気まで消されました」(女性・27歳)

■対応によってはお店に影響が出ることも

しらべぇ取材班が、「味は良くても店員のサービスが悪い店には、二度と行かないと思うか?」調査を実施したところ、半数以上が「行かない」という結果になった。

サービスが悪いお店には行かないグラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

早く仕事を終えて帰宅したい気持ちは理解できる。

だからと言って、スタッフが露骨な対応をするとお店のイメージに影響が出たり、名指しでクレームを入れられる可能性もあるだろう。

・合わせて読みたい→マツコと有吉が激論! 閉店時間ギリギリの店に入るのは気まずい?

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

ヒドすぎ! 「閉店間際の客」が店員にされた最悪行動3選