【元記事をASCII.jpで読む】

お買い得品の多い2.5インチSSD

 SATA3.0(6Gbps)インターフェースの限界で、パフォーマンスは頭打ちになっている2.5インチSSDだが、秋葉原のPCパーツショップ店頭には、週末限定の特価品など、お買い得価格の製品がいっぱい。メインストレージだけでなく、データ用にも狙い目となっている。

1GB単価31.18円とコスパ抜群
Colorful「SL500」の320GBモデルが人気に

 お買い得価格の2.5インチSSDのなかでも、ダントツに売れているというのが、Colorful「SL500」シリーズの容量320GBモデルだ。インテル製3D TLC NANDとSilicon Motion製SSDコントローラー「SM2258XT」を採用し、320GBで1万円を切る税込9980円(パソコンショップ アーク 12月25日時点)を実現。

 1GBあたりの単価は、PNYや、Kingfast、KingSpecといった格安SSDの250GBクラスでも32.6円から35円程度になっているが、「SL500 320G」は31.1875円とお買い得感ある単価になっている。

 「SL500」シリーズとしては、TLC NANDを採用する240GB(9000円前後)や640GB(1万9000円前後)、MLC NANDを採用する480GBモデル(1万6000円前後)を用意。各モデルでコントローラーやNANDが異なるので、要注意だが320GBのコスパが頭ひとつ抜きん出ている感じだ。

640GBモデルでパフォーマンスをチェック

 ここでは容量640GBモデルの「SL500 640G」を使って、「SL500」シリーズのパフォーマンスをチェックしていこう。

 「SL500 320G」と「SL500 640G」の公称スペックは、ランダムリード(4K)以外は同じ。ランダムリードは「SL500 320G」が5万IOPSと低く、「SL500 640G」は7万5000IOPSになっている。

ランダムリードに波があるが
公称値通りのパフォーマンスを発揮

 定番ベンチマーク「CrystalDiskMark」のバージョン“5.5.0”、“6.0.0”と「ATTO Disk Benchmark」でパフォーマンスを見ていこう。

 CrystalDiskMarkの両バージョンともに、シーケンシャルリード・ライトは公称値を超えるパフォーマンスを発揮。ランダムはバージョン6.0.0の結果をIOPS換算すると、リード約7万1000IOPS、ライト約8万IOPSになっており、公称値を上回った。ただ、ランダムリードはバージョンに関係なく、結果に波が出ており、260MB/sec台になることもあった。

 データの大きさによる影響は、データサイズ4GiB(CrystalDiskMark 6.0.0)から、ランダムのリード・ライトのパフォーマンスに表れ、データサイズ16GiBではランダムリードが186MB/sec、ライトが201MB/secにダウンした。

シーケンシャルの最大はリード534MB/sec、ライト485MB/secに

 続いてはシーケンシャルリード・ライトの最大パフォーマンスをチェックする「ATTO Disk Benchmark」を実行すると、リード534MB/sec、ライト485MB/secを記録している。

大きなマイナス点は見当たらない「SL500 640G」

 ランダムは、リードが290MB/sec、ライトが320MB/secと、2.5インチSSD最速クラスと比べると若干遅め。さらにデータサイズの影響も容量4GB程度から出てしまうが、Intel 3D TLC NANDの採用や価格帯、国内代理店となるリンクスインターナショナルの3年間保証といった点を考えると悪くないだろう。

 公称値から判断するにコスパ◎な「SL500 320G」は、ランダムリードがさらにダウンすると思われるが、「SL500 640G」の安定したシーケンシャルパフォーマンスを見ると、買いと言える。とくに旧型PCなど、コストを抑えつつ、容量も欲しいPCのパワーアップには良さげだ。

 ちなみに、秋葉原だと500GBクラスの格安SSDは、ツクモが扱っているKingSpec「P3-512」で、1万4000円前後、1GB単価27.3円になっている。「SL500 640G」も、もうひと声下がれば、同じ単価帯(税込1万7800円)に突入するので、販売代理店のリンクスインターナショナルにはがんばってもらいたいところだ。

いま注目の格安SSD Colorful「SL500」ってどうなの?