【セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバー/モデルプレス=1月3日】米歌手のセレーナ・ゴメスとカナダ出身歌手のジャスティン・ビーバーが、ともに大晦日を過ごしたと見られることを、1 日、米メディアが報じた。

ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス、復縁報道

◆セレーナ&ジャスティン、メキシコで年越し?

米メディアは2人がともにメキシコのリゾート地、カボ・サン・ルーカスで大晦日を祝ったと報道。

報道によれば、セレーナは27日の午後には女友達数名とリゾートに到着。友人でソーシャルライトのラケル・スティーヴンスは、セレーナとビーチではしゃぐ姿をInstagramにアップしている。

ジャスティンは、年末をメキシコ・カンクンで家族と数日間過ごしたあと、プライベートジェットでカボへ。ある内部関係者は「彼は土曜日の夕方にカボに到着し、セレーナが滞在していたヴィラから10分ほど離れたオーシャンフロントのヴィラにチェックインした」と明かしたという。

ある情報筋によれば、大晦日の夜、2人は目立たずカジュアルな格好でともに時間を過ごしたそう。そして一緒に新年を迎え、海上の花火を見て楽しんだという。

◆昨年11月に復縁報道

2010年に交際をスタートさせ、破局と復縁を繰り返して来た2人。2014年に破局が報道されて以降、別々に恋愛が報じられていたが、昨年11月に再び復縁報道が浮上。それ以降たびたびデートやキスをしている所キャッチされるなど、その動向に多くの感心が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバー (写真:Getty Images)