新語・流行語大賞が発表され、今年で最後の「日本有線大賞」も受賞者が決まるなど、年末ムードが漂っています。2017年、学生のみなさんにとってはどんな年だったのでしょうか? 最近お笑いの賞レースで注目されたニューフェイスが、連日テレビをにぎわせていたのも、記憶に新しいですよね。2017年に流行したものもたくさんありましたが、2018年はどんなものが流行るのでしょう? そこで、イマドキ大学生が、2018年に流行りそうだと思うものは何なのか聞いてみました。

■2018年に流行ると思うものは何ですか?

ほぼ毎日見た! 大学生に聞いた2017年上半期に流行った芸能人ランキング

1位 無人レジ……59名(14.5%)
2位 VR(仮想現実)……46名(11.3%)
3位 家庭用VRゲーム機……31名(7.6%)
4位 仮想通貨……27名(6.6%)
5位 宅配ボックス……23名(5.7%)
6位 フリマアプリ……21名(5.2%)
7位 疲労回復ジム……16名(3.9%)

上位7位までをピックアップしました。それでは、2018年に流行すると思った理由の中で、大学生にインパクトを与えていることが分かるコメントをご紹介します。

■人手不足の救世主!? 無人レジ

・人手不足が深刻で無人レジが増えるのは避けられない気がするから(女性/23歳/大学4年生)
・家の近くの店も最近になってセルフレジになったから、これからも増えていくと思う(女性/20歳/大学2年生)

先日ローソンが、深夜の時間帯にレジを無人化する実験を始めると発表しました。実施は首都圏の数店舗で、来年の春頃からとのことです。学生がよく行くアパレルショップやレンタルショップでも、セルフレジを見かけることが増えているそう。
コンビニに限らず、年中求人が出ている小売店、飲食店などはたくさんあります。仕組みで解決できるなら賛成と考えている学生が多く、なんと注目度No.1になりました。

■家庭用VRゲーム機も人気? 憧れのVR(仮想現実)世界

・PS VRなども発売されたので、さらに家庭に普及すると思うから(女性/21歳/大学3年生)
・VR世界に憧れる人も多いし、さまざまな面で社会に浸透すると考えられるから(男性/19歳/大学1年生)
・いろいろなシミュレーションで用いられているし、今後訓練などに使われると思う(男性/18歳/短大・専門学校生)

今年は、お化け屋敷やサバイバルゲームなど、VRを使ったさまざまなアトラクションが登場しました。未体験の学生からの興味関心も高く、2018年にはぜひやってみたいという声も多数です。没入感が話題のVRですが、現実味があるので、エンターテインメント以外での活用も期待されています。大学ではVRを開発する授業に取り組むところもあり、引き続き注目されそうです。

■CMも増えている仮想通貨

・ビットコインのCMもやっているから(女性/22歳/大学4年生)
・今後必要不可欠になると思う(男性/22歳/大学4年生)

「よく分からないけれど、最近CMでよく見かける」のが仮想通貨。実際に保有している人は少ないものの、これだけメディアで取り上げられるのだから、避けては通れないと考える学生が多いようです。来年は仮想通貨の勉強も必須になるかも!?

■フリマアプリで増える輸送と宅配ボックス

・宅配ボックスがあれば業者の人も少しは助かるかなと思う(女性/20歳/短大・専門学校生)
・通販の利用件数は今後も増えると思うし、それに伴って受け取れる場所を増やす必要があるから(女性/21歳/大学3年生)
・みんなお金儲けが好きだしフリマアプリは私もハマっている(男性/26歳/短大・専門学校生)

配送料の値上げや再配達問題が話題になった宅配業界。通販利用者の増加に加え、フリマアプリの利用者も増えていることから、企業努力だけでは賄いきれないほどの配達物が、日々日本中を行き交っています。そんな業者の実態に理解を示す学生は多く、自身でできる努力はしたいと考えているようです。優しい! 再配達にならないよう、最初からコンビニ受け取りで指定するのも手ですが、やっぱり自宅に届いていたら、手間がなくて助かりますよね。宅配ボックスの仕組みが整う年になるのでしょうか? 学生も期待を寄せています。

■疲労回復ジム

・日本の社会人は身体的にも精神的にも疲れている人が多いと思うから、需要がありそう(女性/20歳/大学3年生)
・ジムの固定観念を払拭する斬新なもの(男性/21歳/大学3年生)

運動不足の解消や鍛えるためだけでなく、癒しをも提供する疲労回復ジムが話題になっています。学生にとって、働く現代人は常に疲れているイメージがあるようです。癒しは改めて、必要なものとして注目されていくのかもしれません。

■他にはこんなものが流行る!?

【ライドシェアリング】

高齢者が移動することの難しさが無視できなくなる(男性/22歳/大学4年生)

他人同士で相乗りするライドシェアリングは、海外では移動手段のひとつとして広まっています。日本国内では、まだ法律が整っておらず普及はしていませんが、運転免許証を返したお年寄りや、バスが1日数本という地域では、かなりニーズがありそうですね。

【AIスピーカー】

CMもやっている、AIの時代が来る(男性/22歳/大学4年生)

2017年に発売が開始され、話題となっているスマートスピーカー、通称「AIスピーカー」。小さいサイズのものは6,000円台~とお手頃価格なこともあり、試しに導入してみる家庭も増えるかも!?

2018年の年末に「やっぱりコレが流行ったな」というものはこの中にあるのでしょうか? 気になったものはぜひチェックしてみてください。

文 長谷川鴨子

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年12月
調査人数:大学生407人