76度の2時間20分切り世界記録…“日常”は公務員、異色の経歴に地元メディア

 男子マラソン川内埼玉県庁)が1日、ボストンで行われた「マーシュフィールドニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分59秒をマーク。気温-17度という極寒レースで自身76度の2時間20分切りで世界最多記録を立した。全身タイツだし帽で、成し遂げた快挙を地元メディアも紹介。「2人が残酷な条件でリタイヤする中、ショーを演じた」「週40時間勤務の労働者カワウチはファンお気に入りのランナー」と孤独な走を称賛している。

ユウキが凍てつくマーシュフィールドで76度の2時間20分切りの世界記録を立」。川内の極寒の走を特集したのは、ニューイングランドの専門誌「ニューイングランド・ランナー」電子版だった。

 記事によると、氷点下17度という過酷な条件で行われた大会で、フルマラソンのエントリーはわずか3人。しかし、日本からやってきた30歳は驚異の走りを演じ、2時間18分59秒で見事に完走してみせたのだ。

 特集では「1週間に40時間働き、ファンのお気に入りである日本マラソンランナー、ユウキ・カワウチ」と記し、公務員で実業団に所属しない異色の“日常”に脚を当てている。

 その上で「フルマラソン登録者のうち、2人が残酷な条件でリタイヤする中、1人のランナーがショーを披露した。まさにショーだった」と一の完走者となったことを称賛している。

と鼻以外をすっぽり帽子で包み、わずかに覗いた表情は紅潮も…

 全身タイツ姿で、顔はと鼻以外をすっぽり帽子で包み、わずかに覗いた表情は紅潮。そんな状態でただ一人走り抜いた“最強市民ランナー”の孤独な戦いは、スポーツえ、もはや「ショー」に映ったようだ。

 そんな極限状態で世界最多76度となる2時間20分切りのタイムにした時、川内は自らのを疑ったという。

今日、出せたものとは思えなかった」と驚き、さらに「これまでたくさんのマラソンを走ってきて、気に関してべるのは難しいけど、一つだけ言えるのは、歴代のマラソンの中で最も寒かったということ。南極マラソンに向けていいトレーニングになりました」とったという。

 今後は4月ボストンマラソンに照準を合わせ、「先頭集団で走り、3位以内でフィニッシュしたい」と意気込んだことも紹介されていた。その前戦の「-17度の走」で、アメリカで大きな話題を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)

川内優輝【写真:Getty Images】