ハラーのバイシクルシュートやニャブリの“43.5m弾”などとともにノミネート

 ドイツ1部のブンデスリーガは、中断期に各クラブが冬季キャンプなどで調整し、12日からリーグ戦が再開する。リーグ公式YouTubeチャンネルは年明けの2日に「2017年トップ10ゴール」と題した動画を公開し、“年間最優秀ゴール”の投票を募っているが、ドルトムントMF香川真司が決めた芸術ループ弾がファンの間でも人気を博している。

 香川のゴールは2017年9月30日の第7節アウクスブルク戦(2-1)。今季リーグ戦2度目の先発出場となった背番号23は、1-1で迎えた前半23分にFWアンドリー・ヤルモレンコからの横パスをダイレクトで合わせてGKの頭上を抜く浮き球のシュートをゴール左隅に沈めた。この華麗な決勝弾はドイツ国内で「芸術作品」と絶賛され、ブンデスリーガの9月度「月間最優秀ゴール」にも選ばれた。

 香川の他にはフランクフルトFWセバスティアン・ハラーがシュツットガルト戦で決めたバイシクルシュートや、ホッフェンハイムFWセルジュ・ニャブリがRBライプツィヒ戦で突き刺した43.5メートルのロングシュート、バイエルンDFダビド・アルバがエリア外から沈めた直接FK、バイエルンDFヨシュア・キミッヒがフライブルク戦で見せたバックヒール弾など10ゴールが候補となっている。

 投稿の返信欄には1000を超えるコメントが寄せられ、香川やアルバ、ハラーが多くの票を集めている。世界のサッカーファンの脳裏にも香川の芸術ループ弾はまだ焼き付いているようだ。

ブンデス公式選出「2017年トップ10ゴール」

【2017年トップ10ゴール】

・ダビド・アルバ(バイエルン/オーストリア代表DF)
2016-17シーズン RBライプツィヒ戦(5-4)
約25メートル直接FK弾

・ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント/ガボン代表FW)
2016-17シーズン ブレーメン戦(4-3)
後ろからの浮き球をダイレクトボレー

・マルク・バルトラ(ドルトムント/スペイン代表DF)
2017-18シーズン バイエルン戦(1-3)
ロッベン股抜き&絶妙コントロールショット

・ブルーマ(RBライプツィヒ/ポルトガル代表FW)
2017-18シーズン フライブルク戦(4-1)
豪快反転ミドル

・カイウビー(アウクスブルク/ブラジルMF)
2017-18シーズン フランクフルト戦(2-1)
約30mカーブシュート

・セルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム/ドイツ代表FW)
2017-18シーズン RBライプツィヒ戦(4-0)
43.5mロングシュート弾

・セバスティアン・ハラー(フランクフルト/フランスFW)
2017-18シーズン シュツットガルト戦(2-1)
アクロバティック・バイシクルシュート

・香川真司(ドルトムント/日本代表MF)
2017-18シーズン アウクスブルク戦(2-1)
芸術ループ弾

・ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ代表DF)
2017-18シーズン フライブルク戦(5-0)
華麗なダイレクト・バックヒール

・ラファエウ(ボルシアMG/ブラジルFW)
2017-18シーズン ヘルタ・ベルリン戦(4-2)
パスカットから約35m弾丸ミドル

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデリーガス公式YouTubeチャンネルが公開、「2017年ベストゴール10」

https://www.youtube.com/watch?v=5hTozHSCXOM

 

フットボールゾーンウェブ