80分間スコアレスも、後半アディショナルタイムに前橋育英のFW飯島が劇的決勝弾

 どんなゲームも、勝利の女神が微笑むのはたったの1チームだ。第96回全国高校サッカー選手権大会の3回戦、富山第一(富山)と前橋育英(群馬)の強豪対決を制したのは、昨年の準優勝校である前橋育英だった。両チームの監督はそれぞれに勝負の采配を振るったが、最後には明暗がくっきりと別れた。

 試合は80分が経過するまでスコアは0-0だった。しかし、アディショナルタイム目安の3分に突入したところで、前橋育英のMF塩澤隼人がミドルシュートを放った。これが相手DFに当たり、ゴール前にポジションを取っていたFW飯島陸の下へこぼれた。すると、今大会4得点を決めていた飯島がGKとの1対1を冷静に決め、1-0の勝利につながった。

 劇的な幕切れとなった一戦。守勢に回った富山第一の大塚一朗監督は、守りを固めて好機を待つ形が狙いだったと振り返っている。

「(大会)3試合目ということもあり、疲れもあったので、(攻撃的に)いくと見せかけて、閉じこもって守備をしながら得点のチャンスをうかがおうという作戦でやってみました」

「僕の言いつけ通りに守っていたのが敗因」

 1回戦の東海大熊本星翔(熊本)戦は基本システムの3-5-2、2回戦の東福岡戦は中盤ダイヤモンド型の4-4-2、そして3回戦では再び3-5-2と変幻自在の戦い方を見せた富山第一。大塚監督はこの日、選手の疲労も考慮して守備時には5バックと分厚い守備になる戦い方を選んだ。しかし、これが奏功することはなかった。

「うちは攻めるのが好きな選手たちが多いです。結果からすれば、僕の言いつけ通りに守っていたのが敗因かなとは思っています。どこかで攻めさせるのもありかなと思いましたし、PKでもいいかなと思いながらやった。僕の責任かなと思います」

 富山第一の采配が裏目に出てしまった一方で、攻撃の主導権を握っていた前橋育英の山田耕介監督にとってはまさにプラン通りの試合展開だったという。「PKの準備もしていた」と語った上で、「富山第一は3試合目だからおそらく最後は動き止まる。それまでは0-0でいいよという話をしていた」との予想はピタリと的中。足の止まった富山第一は終盤、ロングボールを蹴り出すことが精一杯になっていた。

 前橋育英は接触プレーの影響で主将MF田部井涼が右足を負傷するアクシデントもあった。本人曰く「右足が動かなかった」という緊急事態だったが、それも乗り越えて勝利をもぎ取った。

 富山第一は今大会1回戦から戦い続け、4日間で3試合をこなした。前橋育英はシードでの登場ということもあってこれが2試合目。トーナメントのくじ運にも恵まれたが、それを見越した指揮官の采配が勝利を呼び寄せた。

【了】

石川 遼●文 text by Ryo Ishikawa

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web

フットボールゾーンウェブ