第94回東京箱根間往復大学駅伝競走 復路(3日)往路首位の東洋大は3年連続2位で、またも青学大の引き立て役に終わった。とはいえ、1年生3人を起用した往路で優勝。10区間のうち4年生は9区・小早川だけで、来季以降に期待もつなげた。酒井監督は「青学大と真っ向勝負できるようにしたい」と逆襲を誓った。

2位でフィニッシュする東洋大のアンカーの小笹椋=東京都千代田区で2018年1月3日、宮武祐希撮影