昨年12月末放送の「鬼灯の冷徹」第弐期最終話にて、続編「第弐期その弐」が2018年4月から放送開始となることが発表された。

同作は、「モーニング」連載の江口夏実氏による同名漫画が原作。戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化で、亡者が溢れかえる日本の地獄を舞台に、閻魔大王の第一補佐官を務める鬼灯と、地蔵菩薩ら住人たちの忙しくも楽しい日常を描く。第1期は14年1月から4月、第弐期は昨年10月から12月にかけて放送された。

「第弐期その弐」放送決定を記念して、原作者の江口夏実氏描きおろしのお祝いイラストも公開された。イラストには、作中のキャラクター芥子(からし)のセリフとして、「もう少し…活躍したいので…今までの鬼灯のアニメや他のアニメ等沢山御覧になりながら春までのんびり待って頂けると大変嬉しいで~すよ」とのコメントが寄せられている。

(C) 江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会