ユーゴスラビアの最南端に位置するマケドニア

その名を聞いてもほとんどの日本人が具体的なイメージを思い浮かべられないマイナーではありますが、人気急上昇中の世界遺産オフリドを擁するマケドニアへの注は年々高まっています。

マケドニアってどんな

東ヨーロッパバルカン半島に位置するマケドニア共和国は、面積九州の約3分の2、人口およそ200万人の小国。かつてはユーゴスラビアの一部でしたが、1991年独立を宣言しました。

民族構成はスラブ系のマケドニア人が約65パーセントアルバニア人が約25パーセントトルコ人やロマなどその他の民族がおよそ10パーセントと、小国ながら民族構成は多公用語マケドニアで、宗教マケドニア正教が約7割、イスラム教が約3割となっています。

2017年11月現在EUヨーロッパ連合)には加盟しておらず、独自通貨のデナルが流通しています。

日本国籍者が観光的でマケドニアを訪れる場合、3ヵ以内の滞在ならビザは不要。ギリシャテッサロニキブルガリアソフィアなどから、陸路で首都スコピエをすのが一般的です。

名「マケドニア」をめぐる論争

実はこの名「マケドニア」をめぐっては熾な論争が繰り広げられてきました。(マケドニア呼称問題)

そもそも「マケドニア」とは、現在マケドニア共和国に加え、ギリシャの内陸部とブルガリア西部を含む広い地域で、マケドニア共和国の領土はマケドニア地方全体の4割にも満たないのです。

特にギリシャでは「マケドニア」といえばアレキサンダー大王の古代マケドニアを連想するため、ギリシャマケドニア共和国が「マケドニア」を名乗ることに対し強い不快感を示し、経済制裁や政治的圧を加えてきました。

憲法上の正式名は「マケドニア共和国」で、120以上がこの呼称を用いている一方、EU日本等はこれを認めていないため、社会ではしばしば国際連合に加盟したときの暫定呼称「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」が使われています。

・「おもてなし」の

マケドニア呼称問題をはじめ、近隣からそのアイデンティティを揺さぶられているマケドニアですが、ここに暮らす人々は自愛し、自らがマケドニア人であることに誇りをもっています。

そんなマケドニアは、ホスピタリティ溢れるお柄で有名。特に地方に行けば「来訪者はであれもてなす」という文化が残っていて、見知らぬ人ので食事をごちそうになるという体験ができることもあるとか。

そうでなくても、マケドニアでは町を歩いていたら通りすがりの人に「どこから来たの?」と話しかけられ歓迎されるといった、ヨーロッパ先進国ではほとんどない出来事に遭遇します。

観光べると、まだまだ外国人観光客の少ないマケドニアでは、素な人と人との交流が随所に残っているのです。

テーマパークのような首都・スコピエ

マケドニア首都が、北部に位置する都市・スコピエ。

正教系の教会イスラム教モスク、共産主義時代の機質な建物などが混在する独特の町並みが印的です。なかでも存在感を放っているのが、観光客誘致のための施策の一環として近年次々と建てられた巨大なモニュメントの数々。

アレキサンダー大王の像といったわかりやすいものもあれば、一般の観光客には何を表しているのかよくわからないものもあり、とにかくその数と大きさに圧倒されます。

町の規模が小さいだけに、モニュメントの存在感は異様ともいえるほど。

モニュメント建設に反対する市民は少なくないそうですが、まるでテーマパークのような町並みは一度見ると忘れられないインパクトがあります。

世界遺産の町・オフリド

マケドニア至宝が、世界遺産畔の町・オフリド。現在の静かなたたずまいからは想像できないほどですが、中世の時代にはスラブ世界におけるキリスト教文化の中心地として繁栄を極めました。

そんな歴史を今に伝える古い教会などの文化遺産と、ヨーロッパ最古のといわれるオフリド美しい自然が評価され、世界的にもしい複合遺産に登録されています。

やか」よりも「素」という表現が似合う、しかしそれでいて歴史の重みを感じさせる厳かな教会群と伝統的な並み、そして周囲の穏やかな自然が織り成す風景は、心打たれる美しさ。

素晴らしい観光をもちながらも、オフリドがのんびりとした空気を維持していられるのは、マケドニア観光でないからこそといえるでしょう。一見やかな風景ではありませんが、行けばきっとその居心地の良さに魅了される。それがオフリドなのです。

ヨーロッパのなかでも秘的雰囲気が残るマケドニア。ほとんどの日本人が行かないからこそ、あえてその魅を発見しに行ってみるのもいいかもしれません。

注目の世界遺産・オフリドを抱えるヨーロッパの小国「マケドニア」ってどんな国?