プレミアリーグ22節が3日に行われ、アーセナルチェルシーが対戦した。

 暫定6位アーセナルが、ホームに同3位チェルシーを迎えての“ビッグロンドンダービー”。開始14分、チェルシーが先に決定的なチャンスを迎えるが、ロングパスで抜け出したアルバロ・モラタがGKと1対1で放ったシュートの右に外れる。アーセナル17分にアレクシス・サンチェス23分にアレクサンドル・ラカゼットエリア内からシュートを打つが、どちらも相手GKティボー・クルトワの好セーブに阻まれた。

 その後も両チームの攻防が続き、チェルシーは27分にティエムエ・バカヨコがエリア内へ抜け出したが、シュートは相手GKペトル・チェフにセーブされる。アーセナル39分にメスト・エジルがミドルシュートで狙うが、わずかにの右に逸れた。

 後半は立ち上がりからお互いチャンスを作るが、両チームの守護が好セーブ連発を披露し、着状態が続く。アーセナル50分、エリア内右フリーエデン・アザールに右足シュート、直後のCKからマルコス・アロンソにヘディンシュートを浴びるが、GKチェフが立ちはだかる。一方のチェルシー52分、鮮やかなターンエリア内に進入したラカゼットシュートを、GKクルトワが体をってブロックした。

 63分、ついに均衡が破れる。左サイドから中央に切り込んだエジルのパスをロブ・ホールディングがダイレクトでつなぐと、モラタに当ったこぼれ球にジャックウィルシャーが反応。エリア内左から快に左足シュートを突き刺し、アーセナルが先制に成功した。なお、ウィルシャーは2015年5月以来、約2年半ぶりのプレミアリーグでの得点となった。

 しかし、アーセナルリードは長く続かない。66分、自エリア内でエクトル・ベジェリンアザールファールを犯してPKを献上。67分、自らキッカーを務めたアザールが落ち着いて中央に蹴り込み、チェルシーが同点に追いついた。さらに84分、右サイドのダヴィデ・ザッパコスタが鋭いグラウンダーのクロスを入れると、ゴールニアに走り込んだM・アロンソが右足で合わせて、チェルシーが逆転に成功した。

 その後、アーセナルの猛攻が実らないまま時間が過ぎるが、後半アディショナルタイムドラマが待っていた。92分、左サイドからのクロスのこぼれ球に反応したベジェリンが、エリア内中央で右足を一。強シュートゴール左上隅に決まり、アーセナルが土壇場で追いついた。

 チェルシーはその直後、モラタがエリア内に抜け出してシュートGKチェフに弾き返されたこぼれ球をザッパコスタが右足ダイレクトで振り抜くが、これはクロスバーに直撃し、最後のチャンスを活かせなかった。試合はこのままタイムアップを迎え、熱の“ビッグロンドンダービー”はドロー決着となった。アーセナルは7試合敗をキープしたが、6位に後退。チェルシーも6試合負けなしとなったが、3位に後退した。

 次戦はFAカップ3回戦で、アーセナルは7日にアウェイでノッティガム・フォレスト(2部)と、チェルシーは6日にアウェイノリッジ(2部)と対戦する。

スコア
アーセナル 2-2 チェルシー

【得点者】
1-0 63分 ジャックウィルシャー(アーセナル
1-1 67分 エデン・アザール(PK)(チェルシー
1-2 84分 マルコス・アロンソチェルシー
2-2 90+2分 エクトル・ベジェリンアーセナル

劇的同点ゴールを決めたベジェリン [写真]=Getty Images