大阪市役所のホームページに1月1日、「救急隊員の勤務中の行動について」というタイトルの文章が掲載された。昨年11月のある日の午前7時前頃、患者を病院に送迎し終えた救急隊員が付近の自販機で飲み物を購入し、救急車内で飲んでいたのを見た市民が見たという。市民からは

「このような行動をされているのをはじめて見ました(中略)勤務中のこのような行動はありなのでしょうか?教えてください」

という質問が出されていた。

「連続出動や長時間の活動もある」と、理解求めた市の態度に安心


救急隊の水分補給への理解、これを機に広まると良いのですが

これに対して大阪市は、当時の状況を「救急車内での血液付着が多く、その拭取りと消毒に労力と時間を要した」と説明。「次の出場に備え水分補給を行う必要があった」と、隊員らの行動を認める趣旨の回答をした。また、

「当局では、必要に応じ活動中の水分補給を適宜行うよう周知しているところであり、今回の場合、飲料水の購入はやむを得なかったものと考えます。救急隊は、連続出場や長時間にわたり活動する場合もございますので、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします」

と、救急隊員の水分補給に関して理解を求めていた。

一連のやりとりを見たネットユーザーからは、「勤務中でもお茶くらい飲むだろ、常識的に考えて」「何が問題なの?」など、質問への突っ込みが多く聞かれている。一方市の対応については、

「きちんと『勤務中に飲み物を買って飲むのはあり』って回答してるのはいいことだと思う。変に『以後やめさせます』みたいになると、大変だものね」
「まともな回答でよかった」

など、回答内容が妥当だと支持する声が多かった。

公務員や、公的な仕事を担う職員の行動に、市民がクレームまがいの意見を寄せる例は他にもある。昨年4月には、愛知県一宮市の消防団員ら7人が業務と業務の間に、昼食を取るためうどん店に立ち寄ったことが市民の指摘で判明し、消防本部が口頭注意をしていた。

この時は、市の消防本部と消防団とが結ぶ、消防車の目的外利用に関する取り決めに違反するという理由での処分だったが、ネットでは「世知辛い世の中だわ」「それぐらい大目に見てやれよ」など、昼食を自由に取ることもままならない消防団員らに同情する声が出ていた。