出場機会に恵まれないムサが退団か ピュエル監督「可能性はあるかもしれない」

 レスター・シティは近年、巨額の移籍を投じて多くのFWを獲得してきた。そのうちの一人で、2016年CSKAモスクワから移籍1600万ポンド(約24億円)で加入したナイジェリア代表FWアーメド・ムサが、1月の移籍市場で退団する可性が高まっている。英地元レスターマーキュリー」が報じた。

 CSKA時代にはパチューカFW本田圭佑とも共闘したスピードスターは、レスターにとって期待の補強だったが、日本代表FW岡崎慎司イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの“コンビ”や、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニの前に、思うように出場機会を得られなかった。

 クロード・ピュエル監督は、ムサ移籍についての質問を受けると否定しなかった。

「様子を見よう。その(移籍の)可性はあるかもしれない。選手とクラブにとって、どんなチャンスがあるのか見てみよう。常に話し合いは存在する。話し合いが必要な選手もいる」

岡崎が挑むレスターFW陣の熾烈な競争

 岡崎2015年レスターに移籍し今季3シーズンを戦っているが、加入当初から熾な競争を繰り広げ、ここまで生き残ってきた。

 現在ホッフェンハイムに所属するクロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチも、岡崎ライバルだった一人。15年1月にリエカから900万ポンド(約14億円)の移籍レスターに加入したが、クラウディオ・ラニエリ元監督は攻守に貢献度の高い岡崎を重宝した。出場機会を手にできずに、1年後にホッフェンハイムに移籍。昨季はブンデスリーガ34試合15得点8アシストきを放った。

 また現在所属するスリマニも、16年にスポルティング・リスボンからクラブ史上最高額の移籍2900万ポンド(約44億円)で加入したが、岡崎ヴァーディの牙をなかなか崩せておらず、英メディアでは移籍の可性も報じられている。

 17にもマンチェスター・シティからナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョが加わり、一時はその立場が危ぶまれた岡崎だったが、現状ではライバルを上回る成績を収めるなど、世界トップレベルの競争の中できを放ち続けている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ